今年2度目の租税教室講師を担当しました

本日、私自身2度目となる租税教室の講師を担当してきました。
今回の講師依頼が所属支部を通じて来たのは今月に入ってからでした。

この時期に租税教室を行うのはおそらく珍しいパターンだと思うんですが、
「夏休みの宿題として『税の作文』を書くにあたって、予備知識を得られるような授業が欲しい」
という先方のご希望にお応えするために、喋る仕事が大好きなワタクシが馳せ参じることになりました(笑

観光ついでに!?到着!

今回お邪魔したのは左京区にある私立東山中学校です。
正門

北に永観堂、南に南禅寺というロケーションの学校なので、学校に着く前には周囲を回って観光気分もちょっとだけ味わってみました。
image

image

南禅寺を外から見てます!
image

洗車禁止!?
image

image

こちらは永観堂を外から。
image

学校の先生曰く、秋の行楽シーズンは学校前の道路も人通りが凄いらしいです。
南禅寺から永観堂に向かうただ1つの道ですからねぇ。確かに凄そうです。

大教室で喋らせて頂きました

今回は3クラス140名を相手に授業をさせて頂くということで、大教室を使わせて頂きました。
大型スクリーンを使いました

ある意味一番心配だった、Macと教室備え付けのプロジェクターの接続。
これが上手くいった時点で肩の荷もだいぶ降りました(^^;
image

ちなみにコネクタは信頼の(?)純正品を使用です。

講義時間は15時15分から16時5分までの50分間。
延長することもなく無事終了しました。
10分程度余ったので最初は早く終わり過ぎたかと思いましたが、アンケートを書く時間を考えたら結果的にはこれでちょうど良かったみたいです(^^)v

反省点は4つ

今回の反省点は今思い出せる限りでも4つあります。
今後の自分への備忘録ついでに書いておきます。

今回も最初緊張し過ぎて吐き気が来た

前回の租税教室の時(過去記事:「租税教室の講師を担当しました」)でもそうだったんですが、今回も、最初喋り始めるまでの緊張がもの凄くて吐き気が来ました。
昼ご飯もそんなに食べてはいなかったんですが、それでもダメでしたね。
今後人前で喋るときは健康診断並みに断食で臨むことにします(^^;

緊張は絶対にするものです

ちなみに、いくら昔講師経験があるとはいえ、知らない人を前に初めて喋るときは緊張は絶対にします。
でも、たとえ緊張はしていても、それをあんまり表には出さない、喋り出したら気にならなくなる術は場数を踏むことで得ることができました。

コツは、緊張していることを隠そうとするのではなく、それを当たり前のことだと素直に受け入れること。
そうすれば、緊張はすれどもそれで喋れないということはほとんど無くなるのでオススメです(^^)v

あと、緊張しているところで最初にうまく喋れなかったらなおさら緊張してしまいますから、予習の段階で最初に喋ることを完璧に頭に叩き込んでおくのも非常に重要です!

最後の方はこっちが喋っているだけだったので、暇そうにしている子がいた

私の喋りではどうにもできませんでした(^^;
もっとパワーポイントの使い方を工夫すべきだったかも…。

アンケートで「早口」という意見があった

O原講師時代からの私の欠点、早口。今回もやはりご意見を頂きました。

私、自分の中で乗ってきたらペラペラペラペラ喋っちゃうんですよね。
なるべく間をしっかり取るように心掛けてはいるんですが…。

「気になったところはメモしろ」と言っているのに、サクサク進まれたらメモも取りようが無いですよね。
これもやり方次第で何とかなったかも。すごく反省です。

Bluetoothのマウスの調子が悪くて何度か動かないことがあった

途中何度かマウスが動いてくれないことがありました。
多分、教室にあった機材のどれかと電波が干渉してしまったのではないかと…。

Bluetoothだとそういうことも起こり得るので、今後はUSBマウスを使うべきだと思いました。

今後も積極的にお受けしていきます

租税教室は授業の貴重な1コマを削って受けて頂くものなので、やる以上は
「生徒に何か1つでも得てもらおう」
という心構えで挑む必要があります。

そう考えると、準備にも結構な時間がかかりますし、対価という点だけを考えたら正直美味しくはない仕事です。
でも、私自身喋る仕事は好きですし、ましてやこれは税理士にしかできない仕事ですからね。

「左京支部で租税教室の担当ならまずアイツに」
と言って頂けるよう、今後も積極的に取り組んでいきます!

これで小学校、中学校とやったので次は高校かな?(^^;

運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】