集中したいときの勝負耳栓なら「モルデックス メテオ」がオススメ!

私は昔から耳栓を愛用しています。

使い始めたのは税理士試験の受験生時代です。
授業内の答練などで問題を解いていると、隣や後ろの人が立てる物音(咳をしたり、問題用紙や解答用紙を雑に触ってガサガサ音を立てたりなどなど)が凄く気になってしまうときがあったんです。

そこで答練中に耳栓をつけるようにしてみたら、それ以後は、周りの物音もほとんど気にならなくなって、集中力を維持して問題が解けるようになりました。

ちなみに、今は税理士試験の本番では耳栓の使用が禁止されています。
もし私が受けていた頃から禁止になっていれば、ひょっとしたら私の税理士試験の合格もあと数年は遅くなっていたかもしれません(^^;

今も要所要所で愛用しています

無事税理士試験から脱した今でも、以下のようなときには耳栓を付けて過ごしています。

仕事で「ここは集中したい!」というとき

じっくりと考えたいときや何か一から作り上げたいようなときには耳栓をつけて集中力を高めています。
ブログの文章を考えるときなどはまさにそうですね。

ちなみに、4月まで事務所兼自宅として借りていた物件は遮音性が最悪だったので、物件の中にいる時はずっと耳栓をつけて過ごしていたんですが、おかげさまで今はそんなことは全くありません。
てか、今から考えてもあの頃は本当に異常でした(^^;

寝るとき

前の事務所物件ほどとは言わなくても、私がちょうどO原で講師をしていた頃に住んでいたマンションもこれまた遮音性が非常に低い物件でした。
そこで夜寝るときの耳栓の味(?)を覚えて以来、耳栓無しでは夜寝られない体になってしまっているので、今も寝るときは耳栓をつけています。

今住んでいる物件は他の部屋からの騒音もほぼ無いのでつけなくても多分大丈夫なんですが、大通り沿いでもありますし、つけないとなぜか体が落ち着かないので一応つけて寝ています。

私的オススメの耳栓はこれ!

一言で「耳栓」と言ってもいろんな種類のものが売られています。
使い始めた当初はドラッグストアなどで売っている↓これを使っていました。

これもそれなりに効果は高いです。

ただ、何事もそうだと思うんですけど、これを使っているうちにだんだんと
「もっと効果が大きい耳栓は無いのか??」
という気持ちが大きくなってきまして…。

いろいろ探して試してみた結果、今行き着いているのは↓こちらの耳栓です。

モルデックス メテオ

「モルデックス(MOLDEX)社」というアメリカのメーカーが作っている、「メテオ(Meteros)」という種類の耳栓です。

最高の遮音値を誇る耳せん

Moldex® フォームタイプ耳せんは、独立テストによる最高の遮音値 33 ですので、最も騒音の大きい場所に最適です。米国ペンシルバニア州ステートカレッジの Michael & Assoc., Inc. により独立したテストを受けておりますので、快適なだけではなく、市場で最も安全なフォームタイプ耳せんのひとつとして、本格的な保護を提供します。

引用元:Moldex Japan

など、メーカーのホームページにもいろいろ書いてありますが、とりあえず「遮音性の高さは折り紙つき」ってことらしいです(笑

遮音性は本当に高い!

実際に買って試してみたら、遮音性の高さはまさに「段違い」と言ってしまって良いほどです。
音が完全に遮断されるわけではもちろんありませんが、それでも周りの音はほとんど聞こえなくなります。

よっぽど大きな物音でもしない限り、これをつけて寝ている間に物音で起こされることはまずはありえません。
(って、前の事務所兼自宅ではそれがしていたんですが(^^;)

しかも安い!

しかも、この製品のメリットは遮音性だけではありません。
値段です。

一番容量が多くておトクなセットは200ペア入ってお値段たったの6,600円!

200ペアで6,600円ってことは、1ペアあたりなんと33円ですよ奥さん!

一応使い捨てという位置付けのようですが、私は毎日使用後に洗って乾かして繰り返し使っていますし、それで品質が落ちるということもありません。
(衛生面では微妙なのかもしれませんが…。)
200ペアを使い切ろうと思えば、年単位の時間が必要ですね!

品質面はもちろん、値段の面でも市販されている耳栓を凌駕するのがモルデックス社の耳栓です。

お試しセットもあります

モルデックス社が出している耳栓の種類は「メテオ」以外にもたくさんあります。
お試しセットもありますので、興味を持たれた方はまずはこちらでモルデックス社が出しているいろんな種類の耳栓を試してみるのもイイかも。
(私もこのセットで全部試した結果、メテオに行き着きました。)

種類によって耳の中でのフィット感と、それに伴う遮音性が微妙に違います。

「メテオスモール」は少し小さすぎる印象です

ちなみにこちらには、「メテオスモール」という、「メテオ」よりも少し小ぶりな種類の耳栓もありますが、こちらはヒョロヒョロな体格の私の耳ですら少し小さく感じました。

より高い遮音性を求めるのであれば、「メテオスモール(右の迷彩柄のヤツ)」よりも「メテオ(左の単色のヤツ)」の方がオススメです。
メテオとメテオスモール

まとめ

耳栓にも様々な種類がありますが、もし
「今使っているものよりももっと遮音性が高いものが欲しいなぁ」
と思われているのであれば、モルデックス社の耳栓はオススメです。
値段も安価ですし、是非一度お試しあれ!

集中して仕事に取り組むためにも、そして、健康のためにも、「耳にする音をマネジメントすること」は大切です。
私にとって耳栓はこれからも欠かせないアイテムになっていきそうです。

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬の写真を撮る / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。