「五会合同研修会」講師として登壇しました。講師として喋るテーマに持つこだわり

昨日、研修会の講師として登壇してきました。

今回参加させて頂いたのは、
京都府下の弁護士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士、税理士を統括する各団体が主催して毎年この時期に開催している「五会合同研修会」。
「事業承継における各士業・団体との連携」がテーマで、ここに税理士代表のパネリストとして登壇させていただきました。

ちゃんと喋っているように一応見えますかね(^^;

どんな内容の話を?

今回の研修は、
「事業承継における現状の課題や問題点を各士業の目線から紹介し、相互の連携を強めるきっかけにしよう」
というのが一番の目的で、私からは、税理士の目線として、

・会社の株式など、個人の財産を他人に承継させる場合に発生する税負担のイロハ
・株式の税金計算上の時価(相続税評価額)の算定方法の基礎知識
・事業承継対策として施行されている法律「中小企業経営承継円滑化法」の概要
・今後予定されている税制改正の動向

といったあたりのお話をギュギュっとコンパクトにまとめて(約15分)話させていただきました。

弁護士、会計士、司法書士、不動産鑑定士、そして税理士という、五つの士業の統括団体の合同研修会ということなので、聞きに来る人たちはもちろん全員が士業。

私自身パネリストは初めての経験で、参加人数も200名を超えていて(うち約半数が税理士(汗))、会場も豪華なホテルの宴会場でと、なかなかにプレッシャーのかかる状況での登壇でしたが、コーディネーターの先生や他のパネリストの先生方のお助けもあって、なんとか無事終えることができました。

↓開場前の会場の様子。ここが全て人で埋まりました。

また1つ良い経験を積ませていただき、関係の皆様方に感謝です(^^

知識・経験が無い分野のテーマでは登壇しない

今回のこの仕事はブログ経由…ではもちろん無くて、京都の税理士の組合でこの秋から研修委員を担当させて頂いていることが縁で回ってきました。

ただ、今回のテーマが事業承継でなければ、おそらく私はお断りしていたでしょう。

というのも、私自身、
「セミナー講師として人前で喋るテーマは『自分が深く学んでいる・得意にしていること』に限る」
と決めているから
です。

事業承継は私の税理士としての専門分野である相続・贈与の話ですし、このテーマは過去に地元の税理士相手に研修講師として喋った経験もある。
これであれば、自分みたいな人間でも人前で(他の士業の先生相手でも)喋る資格があるかな、と考え、お受けさせていただくことにしました。

ただやっていること、ではなく、深く学んでいる・得意にしていることについて喋る。

「そんなん当たり前の心掛けやん!」
と思うでしょうが、巷の人達を見ていると、そんな意識すら持たずにセミナー講師を「業」としている人間が案外多いことに気付かされます。

「そんな程度の経験・知識・心掛けでよくもまぁセミナーやコンサルなんてやろうと思うよなぁ…。」
と逆に感心させられる(むしろ羨ましい)こともしばしば…。

「実際に喋ることの10倍は勉強して臨め」

昔税理士受験の専門学校で講師をしていた時代。
先輩から教えられ、実際自分でも「そうだな」と心底実感し、今も実践し続けていることが1つあります。

それは、
「人前で喋ろうと思えば、実際に喋ることの10倍は勉強して臨め」
という心掛け
です。

本当はもっともっといろんなことを知っているけど、でも授業ではこれだけしか喋らない。
そんなスタンスで事前準備を重ねて講義に臨むからこそ、喋りに深みが出てわかりやすい講義になる。

逆に、そんなレベルに達しない状態では人前に立つべきでは無いと思っていましたし、その考えは今も変わっていません。

これからも、自分が深く学んでいる・得意としているテーマで、しっかりと事前準備をした上で、喋る仕事を続けていきます。
来月には和歌山で相続・贈与をテーマにお話をさせていただく予定で、こちらも楽しみです(^^

運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】