隠れた桜の名所・松ヶ崎疎水の桜並木(2018.3.26撮影)【Nikon D500で撮る】

松ヶ崎疎水の桜並木

私の事務所から歩いて5分もない距離に、地元民が愛する隠れた桜の名所があります。
松ヶ崎〜下鴨の間を東西に流れる松ヶ崎疎水の桜並木です。


「松ヶ崎疎水」とは?

「松ヶ崎疎水」とは、琵琶湖疎水の分線のうち、左京区の松ヶ崎から下鴨に向かって流れている部分の通称です。
高野橋を北に上がったところある松ヶ崎浄水場の南を起点に、市バス府立大学前バス停付近まで、閑静な住宅街の中を弧を描くように結んでいます。

↓このような位置関係です。全長約1.2km、歩いて20分弱ほどの距離ですね。
(地味ぃ〜に私の事務所の場所もアピールしてます(笑)ホントすぐ近くなんです。)
松ヶ崎疎水の場所

整備されていないようでされている、そんな自然な雰囲気が好きで、私自身、季節を問わずお気に入りの場所です(^^)
(↓こちらは去年の秋に撮った写真です。)

そんな松ヶ崎疎水は隠れた桜の名所でもあります。
川沿いに植えられた桜が一斉に咲き誇る今の時期は、歩いているだけで気持ちまで明るくさせてくれます。

なんせ↓こーんな咲きっぷりなので。
Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/2500 F2
松ヶ崎疎水の満開の桜!

昨日はまだもうちょいかなぁって感じだったんですが、今日の陽気で一気に花が咲きましたね(^^

そんな松ヶ崎疎水の桜並木を愛機Nikon D500で撮ってきたのでどうぞ!

ザ・満開!!な写真たち

今回は2種類のレンズを使いました。
途中まではやや広角寄りの単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」で撮っています。

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G EDにて

Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/4000 F2
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/3200 F2
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/2500 F2
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/2500 F2
松ヶ崎疎水の桜

↓この桜、フツーに咲いているように見えますが…。
Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/2000 F2
松ヶ崎疎水のとある桜の木

なんと、木の幹の部分がほとんど朽ち果てています!(ペラペラだし穴まで空いてるし)
それでも今年もちゃんと花を咲かせてくれました。桜の木の生命力の強さに感動…。
Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/500 F2
なんて生命力の強さ!

美しいですよね。
Nikon D500+NIKKOR 20mm f/1.8G 焦点距離20mm ISO200 シャッター1/640 F2.8
美しい松ヶ崎疎水の桜

この桜は松ヶ崎浄水場の南(北側の道路沿い)に植えられています。

NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6Gに交換!

ここでレンズを超広角の「NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G」に交換。

撮れる画が一気に変わります(^^
Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/1250 F4.5
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/1000 F4.5
松ヶ崎疎水の桜

このレンズ、逆光にも意外と強い。
Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/800 F8
松ヶ崎疎水の桜

時間帯が夕方に近づいて、だんだんと陽の色が変わってきました。
Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/400 F8
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/1000 F4.5
松ヶ崎疎水の桜

Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO320 シャッター1/640 F8
松ヶ崎疎水の桜

逆光、斜光、大好きです(^^
Nikon D500+NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G 焦点距離10mm ISO400 シャッター1/400 F4.5
逆光で写す松ヶ崎疎水の桜

あまり有名になって欲しくないけど…

というわけで、今がまさに見頃な松ヶ崎疎水の桜並木の写真をお送りしました。
冬の間はずっとカメラをしまいっぱなしでしたが、満開の桜の下、久々にたくさんシャッター音を鳴らせて良かったです!

やっぱ、写真を撮るのは楽しいなぁ…。(しみじみ)

ここはご覧のとおりの穴場っぷりなので、皆さんにもホントおすすめします。
まぁ、あんまり人が増えても…なので、できればこのまま穴場でいて欲しいのが正直なところですが。
(じゃあブログに書くなよって話ですが、ま、こんな弱小ブログ、所詮影響力ゼロですから(笑))

とはいえ。
↓この記事にある植物園や半木の道からも徒歩圏内ですし、北山周辺に来られた方はついでにここまで足を運んでみてはいかがでしょう?
今年は去年よりも開花時期が早いですから、来るならお早めに!

この記事以外にも、Nikon D500で撮った写真は以下のタグページにたくさんアップしています。
タグ「Nikon D500で撮る」

この記事の撮影機材

このブログの運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】