2頭目の一口出資馬・クレッセントムーンデビュー戦観戦記【Nikon D500で撮る】

昨日、私の2頭目の一口出資馬・クレッセントムーンが中京競馬場でデビューしました。
デビュー戦は記念のレースでもあるので、もちろん名古屋まで見に行ってきましたよ!

中京競馬場の入り口

ご存知のとおり、西日本はおとといからの豪雨の影響が色濃く残り、新幹線も、山陽新幹線の新大阪〜小倉間は昨日は終日不通の状態。
東海道新幹線が通ってくれていたからこそ行けたわけで、無事名古屋まで足を運べることに感謝しつつの遠征でした。

この記事以外にも、Nikon D500で撮った写真は以下のタグページにたくさんアップしています。
タグ「Nikon D500で撮る」

2頭目ももちろん高野厩舎の所属馬です!

今回デビューしたクレッセントムーンは2016年生まれの現在2歳。
父は現役時代アメリカで活躍したヘニーヒューズ、母は現役時代3勝のスカイクレイバー(母の父はサンデーサイレンス)。
栗東・高野友和厩舎所属の牡馬(男馬)です。

1頭目の一口出資馬・ブルヴェルソンの1歳年下で、所属厩舎は彼と同じく高野友和厩舎です。
ま、ブルヴェルソンの時にも書きましたが、高野厩舎ファンが高野厩舎の所属馬に出資するのは当然の流れなわけで(^^

「いきなり勝ってくれそうかも?」と期待してました

ブルヴェルソンに比べると馬の血統自体は地味ですが、ここまでの育成は順調に進んできたし、
デビュー前の評判が正直微妙だった(そしてやっぱり結果も良くなかった)ブルヴェルソンとは違い、レースに向けた調教の動きもすこぶる良好。

デビュー戦の鞍上もリーディング上位常連の名手、ミルコ・デムーロが乗ってくれるし、
「これはひょっとしたら、いきなりから勝ってくれるかも?」
と、デビュー前から妄想がどんどん大きくなってました(^^;

初めて「口取り」にも当選!

あと、今回、個人的にさらに期待が高まる要素がもう1つあって。
それが何かというと、今回ワタクシ、一口馬主になって初めて口取りの権利に当選していたんです!

「口取り」というのは、レースに勝った後に馬と関係者がウィナーズサークルで行う記念撮影のこと。
↓こんなのです。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/500 F4

一口馬主も人数限定で口取りへの参加が認められていて、ここに参加する権利を今回初めて得たんです。
もちろん、↑こんな馬の真横には立てませんが、ウィナーズサークルの中に入って、馬や関係者の皆さんと同じ場所で揃って記念撮影ができる!

ただし、それも馬が勝たなければ叶わないこと。

というわけで、なんとしても勝って欲しいという(勝手な)熱い期待を胸に、いざデビュー戦を観戦です!

パドック〜本馬場入場までの写真いろいろ

午後0時23分、クレッセントムーン君がいよいよパドックに登場です。

写真の無断転載は控えていただくようお願いします。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/2500 F4

担当さんがブルヴェルソンと同じ人だ!嬉しい〜。
(かつてショウナンパンドラも担当されていた方です)

馬名の由来となった額の三日月型の流星もキレイ。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1250 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/800 F4

ワタクシ、この毛色(栗毛と言います)の馬が好きなんですよね。かわいいっす。

こーゆー写真が好みなんです。
顔だけにピントを合わせて、それ以外はふわっとボケる。いかにもこのレンズという写り。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1000 F4

なんか、ブルヴェルソンよりも体型がスラっとして見える。
昔からいろんな馬を見てきて、「栗毛のダート血統の馬=ムキムキした筋肉質の馬体」というイメージが自分の中にこびりついているんですが(フレンチデピュティのせいなのか松国厩舎のせいなのか…きっと両方だ。)、彼はそんなイメージとはちょっと違います。

パドックの終わり、騎手が乗るときには高野先生からまさかのサービスショットが!!!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

びとう
こ、この瞬間はちゃんと撮らねば〜!!!

と思ったら緊張してしまい、↑上の1枚しか撮れませんでした(^^;

今回の鞍上・ミルコとともに。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

ミルコは馬とのスキンシップを大切にする騎手で、今回も↓このように、馬を落ち着かせようとたてがみをなでたり…
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/400 F4

首筋をたたいたりしてくれてました。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

彼が乗る馬が走るのはこういうところにもあるんだろうな、と素人ながらに思ったり。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

レースで走る馬場に入場する際の1枚。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/2000 F4

レースの結果は??

というわけで、昨日撮ってきたクレッセントムーンの写真はここで終わりです!

あれ?レースの写真は?その後の写真は?

と思った善良なあなた。
負けたんでそんなのはありませんよ(泣

レースの方は、スタート直後から他の馬たちが走るペースについて行けず、16頭立ての8着でゴールしています。
まさか、ブルヴェルソンのデビュー戦の着順(7着)よりも悪くなるとは。
つくづく競馬ってわからないものですよねぇ…。

雨の中、口取りに参加するためにわざわざスーツで競馬場に行った苦労が(って、そんなんどーでもいい)

ただ、悲観する内容では全然無いようで。

次に期待します!

【ちなみに】クレッセントムーンの次のレースで高野&ミルココンビが…

ちなみに、クレッセントムーンが走った次のレースで、同じ高野厩舎&ミルコ・デムーロ鞍上の馬が勝利!
1コ早かったらな〜、なんてタラレバは言うのやめときます(^^;
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/2000 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/2500 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/2000 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/1600 F4

ホームページの競馬関連記事

・馬券の税金の解説記事。WIN5で高配当が出た日にはよく読まれます(^^;
競馬の税金の計算方法を税理士が解説します

・一口馬主の確定申告の方法を詳解!
一口馬主の確定申告完全ガイド【サラリーマン向け】

過去&現在の一口出資馬
  • ブルヴェルソン
    (現役・2015年産・牡・ダイワメジャー×キューティゴールド・高野友和厩舎)
  • クレッセントムーン
    (現役・2016年産・牡・ヘニーヒューズ×スカイクレイバー・高野友和厩舎)
  • プテリュクス
    (引退・2016年産・牝・スマートファルコン×ゴールドティアラ・大竹正博厩舎)
  • ハーツクリスタル
    (現役・2017年産・牡・ハーツクライ×ペンカナプリンセス・高野友和厩舎)
  • カラフルブラッサムの18
    (デビュー前・2018年産・牝・キングカメハメハ×カラフルブラッサム・松下武士厩舎予定)

この記事以外にも、Nikon D500で撮った写真は以下のタグページにたくさんアップしています。
タグ「Nikon D500で撮る」

この記事の撮影機材

このブログの運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】