3度目の独立記念日を無事迎えることができました

2018年9月16日になりました。
今日、2018年9月16日は世間的には安室奈美恵の引退の日…ですが(笑)、私の中では別の日です。

私は3年前の9月16日に独立開業しました。
つまり、今日は私にとって3度目の「独立記念日」です。

正直、3度目ともなると(「ブログに書くほどのことでもない」という意味で)結構どうでも良くなってきているのも確かです(^^;
ただ、貴重なブログネタにもなるので、去年おととしに続き、今年も独立記念日を迎えるにあたっての今の心境などを綴ってみようと思います。

まずお伝えしたいのは感謝の気持ち

まず、今の心境としては、とにかく感謝しかありません。

そりゃそうですよね。
お客さん完全ゼロからのスタートだったのになんとかここまで続けることができているのは、
間違いなく、これまで私に仕事を頼んでいただいた全ての皆さんのおかげです。

本当にありがとうございますm(_ _)m

これからも、「またお願いします」と言っていただける方を少しでも増やしていけるように、一期一会の気持ちを持って頑張る所存です。

実はあまり「楽しくなかった」1年間でした…

ただ。
この1年を振り返ると、結構しんどかったなというのが正直なところです。

事務所の売り上げなんてお客さんには関係のない話ですが、
そこだけを見ると、おかげさまでこの1年は過去2年とは比べ物にならないぐらいの額を確保することができました。

が、その分(?)悩むことも多く、なんだかあまり楽しくない1年でした…。

長く事務所を経営しているとこんな時期もあるよね、と後から思えるような1年になればいいのですが。
というか、そうなるようにしていくしかないと思っていますけどね!

そんな1年だからこそ、お客さんをはじめとする皆さんからたまに(笑)いただける、感謝の言葉や「次もまたやってください!」という声が私の心の支えになりました。
本当にありがとうございますm(_ _)m

「独りで独立」という働き方に救われた

それにしても、自分にとって「独りで独立」という働き方は合っているな、とつくづく感じます。

税理士事務所での雇われ時代にストレスで体調を崩した経験を持つ私にとって、
自分1人だけで、マイペースで仕事ができる環境は本当にありがたいです。

お客さんに迷惑をかけなければ、結果さえ出せば、いつ仕事をしようが自由な生活。
もしこれが「平日の9:00〜17:00までは絶対に事務所にいなければいけない」とかだったら、途中で絶対に体調を崩していたことでしょう。

自分の生命線を守る意味でも、これからもこの働き方は自分にとっては「マスト」です。

びとう

ちなみにこれ、別に独立(しかも独りでの)を勧めているわけではないですからね。
自由で全てが自己責任な独立生活にも向き不向きはある。
むやみやたらと独立を勧めないという考えは1年前と変わっていません。
そういうのは、それをキャッシュポイントにしているどっかのインフルエンサー集団にお任せします(笑

まとめ 4年目もよろしくお願いします!

そんなこんなで迎える4年目の尾藤武英税理士事務所。
これからも、仕事に対する基本的なスタンスは変えるつもりはありません。

先が見えない不安は常にありますが、それは考えても仕方のないこと。

  • お客さんを大切にして
  • 今自分ができることに全力で取り組んで
  • 将来への種まきもしっかりやって
  • 「悩むぐらいならとりあえずやってみる」気持ちを持ち続けて
  • でも自分の体を最優先で

コツコツと頑張ります。

4年目の当事務所もどうぞよろしくお願いします!

びとう

うーん、どうしても1年目の熱い記事を超えるものが書けない…(笑
独立記念日ネタはやっぱ今年で最後ですかね?

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可。写真とApple製品と馬とDEENとイチローが好きな男が古都・京都から伝えます! 詳しいプロフィールはこちら
運営元:京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
代表税理士1人で運営し、「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。