Instagramのハッシュタグ検索で気になる場所の「今の情報」を仕入れよう

Instagramのハッシュタグ検索

この記事は約 4 分で読めます。

写真好きにオススメのSNS・Instagram。
私も↓こーんな感じで、そこそこマメに更新しています。

 
このInstagramには投稿以外にもオススメな使い方があります。
それは、ハッシュタグ検索を使って自分が行きたい・気になる場所の今の情報を仕入れることです。


Instagramはハッシュタグの活用がミソ

Instagramは去年ぐらいから急速に広まりましたが、写真をメインに投稿するSNSなので、
「他のSNSに比べるととっつきにくい」
「アカウントは作っているけど投稿はほとんどしない」
という人も多いのかな、と思います。

でも、アカウントさえ持っていれば投稿なんかしなくても十分使えます。
何をするのかと言うと、ハッシュタグ検索を使うんです。

キーワードのアタマに「#」を付ければハッシュタグとして認識される

ハッシュタグとは、↓この私の投稿でいうと、

「#圓光寺」「#一乗寺」など、アタマに「#」が付いているキーワードのことです。
単体の言葉のアタマに「#」を付けて投稿するとハッシュタグとして認識されます。
ハッシュタグはリンクになっていて、そのリンクをタップすると、同じハッシュタグを設定している投稿が一覧できます。

↓「#圓光寺」のハッシュタグが付いている投稿の一覧です。
ハッシュタグ投稿一覧画面

ハッシュタグは検索もできます

そして、このハッシュタグは検索もできます。
↓このように、検索画面上部の「#」をタップした上でキーワードを入力すると、関連するハッシュタグが下にずらーっと出てきます。
ハッシュタグ検索の画面

見たいハッシュタグをクリックすれば、上の投稿一覧画面に行けます(^^

ハッシュタグ検索で行きたい場所の今の情報がチェックできる!

このハッシュタグ検索が使えるなー、と私自身が感じるのは旅に出ているときです。
ハッシュタグ検索を使って、自分が行きたい場所の今現在の情報を仕入れることができます。

たとえば、8月の愛媛旅行で行った来島海峡大橋JR下灘駅はハッシュタグ検索で「これは良さそう!」と思って行ったクチですし。

来島海峡大橋の検索結果
下灘駅の検索結果

逆に、ちょっと前に下鴨神社でやっていた「糺の森の光の祭」の期間中は、私が投稿した↓この写真がメチャクチャ見られていました。

「下鴨神社の光の祭ってどんな感じなん?」
と思った人たちが「#糺の森の光の祭」などのハッシュタグをたくさん検索したんでしょうね。

今の生きた情報が写真で見れるのがハッシュタグ検索の一番のメリット

ブログ中心で生きている人からすると、
「情報を仕入れるならGoogle検索も同じやん?なぜあえてInstagram??」
と思うかもしれませんが、Google検索とInstagramには決定的な違いがあります。

それが何かというと、情報の速さ(鮮度)です。
Google検索だと、かなり前に書かれているブログ記事なんかが上位に来たりして今その場所がどうなのかはわからないケースが多いですが、リアルタイムで投稿が表示されるInstagramの場合、今現在の生きた情報が写真でチェックできます。

これからの季節であれば、紅葉の進み具合なんかもここでチェックできますよね。

スポット検索よりはハッシュタグ検索がオススメ

ちなみに、Instagramの検索機能にはスポット検索もありますが、↓このように、キーワードとなるスポット名が統一されていないことも多く、情報を探したい場合はやや不向きです。
スポット検索の表示

そもそも位置情報を付けていない投稿も多いですからね。
(私もよく付け忘れますし(^^;)

効率的に、かつ、たくさんの情報を探したければ、スポット検索ではなくハッシュタグ検索を使うのがオススメです!

ハッシュタグ検索を旅行のお供にどうぞ!

このように、Instagramのハッシュタグ検索を活用すれば、自分が行きたい・気になる場所の今現在の生の情報を仕入れることができます。

「Instagramはアカウントを作っただけで投稿は一切してない」
って人でも、アカウントさえ持っておけば検索機能は使えます。

これからの紅葉シーズン、観光や旅行のお供にInstagramのハッシュタグ検索を是非活用してみてください!

びとう

逆に、投稿する側としては、検索で見つけてもらうことを狙って、関連するハッシュタグは必ず付けるようにするのがポイントですね。

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可。写真とApple製品と馬とDEENとイチローが好きな男が古都・京都から伝えます! 詳しいプロフィールはこちら
運営元:京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。