2018年買ってよかったモノ4つ【iPad、レンズ、食洗機、Blu-ray】

DEEN25周年記念ライヴBlu-ray

前回に続き、2018年を私的に振り返る記事です。

今回は、今年私が実際に買って使ってみて、
「これは本当に買ってよかった!」と思っているモノを4つ紹介します!

リストは↓こんな感じです。

Apple Watchなど、買ってまだそれほど使い込んでいないモノは外しています。
(Apple Watchを入れた方が5つになってキレイに収まるんですけどね(^^;)

iPad【9.7インチiPad(2018・第6世代)】

まずは4月に買った9.7インチiPad(第6世代)
iPad 2018 第6世代

「Apple Pencilが使える初の廉価版iPad」
というところに魅力を感じ、発売直後に飛びついちゃいました。

それまで持っていたiPad Air2は全く使わず「文鎮」と化していたので、果たして使いこなせるか不安もありましたが、実際に使ってみると意外と活躍の場が多くて。
コレを買って以降は紙でのメモはほぼ取らなくなりました。

お客さんとの打ち合わせ内容など、仕事関連のログは全部コレに記録しています。
内蔵の「メモ」アプリを使えば、特別な設定なしに、iCloudを通じてデータが他のデバイス(MacBookなどのApple製品)と共有できるのも便利。

あと最近は、ホームページに載せる用に↓手書きの図を書いたりもしています。
iPadで書いた図

絵が酷すぎて失笑が聞こえてきそうですね(^^;

今は新しいApple PencilやiPad Proも発売されてますけど、iPad Proは重くてデカくて無駄に高い(※あくまでも個人的な意見です(笑))ので、
「とりあえずiPadを使ってみたい!」
という人には9.7インチiPad+Apple Pencil(第1世代)というワタクシの組み合わせがオススメです(^^

競馬用の望遠レンズ【AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR】

2つ目は、5月に新調した競馬用の望遠レンズです!
ずっと欲しくてたまらなかったAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR(以下「新サンヨン」)を買っちゃいました。
AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

それまで使っていた旧サンヨン(AI AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED)もまだバリバリ使える性能ではあるものの、
重さが545gも軽くなり、全長が7.5cmも短くなるという、新サンヨンが持つ携帯性にはどうしても勝てず…。

というように、実はこのレンズを買った一番の理由は「その携帯性が魅力だったから」なんです。
でも、実際に使ってみると写りも本当に文句なくて!

逆光下で動きモノを撮ったにも関わらず、馬のまつ毛までしっかり写すこの切れ味。
逆光でもしっかり

ピントが合う部分はカリッと、そしてそれ以外の部分はふわっと。
20万円もするレンズ相手に失礼な発言ですが、期待以上の性能でした(^^

↓愛機D500に装着した際の重厚な見た目もお気に入りです。
Nikon D500にAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRを装着

残念なのは、せっかく買ったにも関わらずあまり使えていないこと。
来年は地元京都競馬場はもちろん、全国各地に連れていってあげたいですね。

食洗機【パナソニック・NP-TH1】

7月には我が家に食洗機がやってきました。
設置後の食洗機

毎日稼働させていますが、これがもう、本当に便利で!

元々食器洗いという家事が大嫌いだったワタクシ。
ただ、コレを買う前は
「食洗機なんて贅沢の極みでしょ」
なんて思いもあったりして、以前から「買いたい欲」はあったものの、実際にポチるまでにはなかなか至りませんでした。

あのときの自分に伝えたい。「はよ買え」と(笑

以前なら
「洗うのがめんどくさいし」
となかなか使う気になれなかったフライパンやまな板、包丁、鍋などの調理器具も食洗機を買って以降は何のためらいもなく使えていますし、
そのおかげか、食費も前年比で月1万円弱単位で浮いてきています。
(元が高すぎだったという噂もありますが)

  • 家事に対するストレスが消えて
  • 自炊の機会が増えて
  • 刺身など、切り身ではなくブロックで買うものが増えて

経済面でも、健康面でも、自分にとっては貢献度が大きい食洗機。
迷っている暇があったらポチった方が楽ですよ(^^

DEEN25周年記念ライヴのBlu-ray【DEEN at BUDOKAN FOREVER 〜25th Anniversary〜】

そして、「今年買ってよかったモノ」の最後を飾るのは。
今年3月に行われたDEENの25周年記念ライヴの様子を収録したBlu-rayです!
DEEN25周年武道館ライヴBlu-rayパッケージ

コレを最後に挙げていることからも想像付くかもしれませんが、自分の中ではコレがダントツで今年の「ベストバイ」です!!
それぐらいこの日のライヴは神がかっていたということです!

発売から半年が経った今でも、

  • TVの前にいるときはこのBlu-rayを見て
  • TVから離れているときは同じ音源が収録されている付属のCDを聴く

このサイクルはいまだに崩れません(^^;

一番好きなのはやっぱり↓この4曲ですねぇ。

「このまま君だけを奪い去りたい」

「翼を広げて」

「君さえいれば」

「Memories」

当日のセットリストは

オープニング:「翼を広げて」
 ↓
2曲目:「君さえいれば」
 ↓
3曲目:「Memories」
 ↓
(省略)
 ↓
最後の曲:「このまま君だけを奪い去りたい」

という流れだったので、
付属のCDならこの4曲を(最後のトラック→1→2→3という順で)連続で聴くことができるので、これがまたイイんですよ(^^

「興味ある」という方は、是非CDも付いている完全生産限定盤Blu-rayの方をチェックしていただければ!
「完全生産限定盤」とか言いながらまだ在庫もあるみたいですし

まとめ 2019年も必要なモノへの投資は惜しまずに!

というわけで、2018年に買ってよかったモノを4つ紹介してみました。

前回の記事が「たくさん遊びに行ったよ〜」だったのに対して、
今回は「たくさんお金使ったよ〜」とアピールする形になっちゃってるような…。
税理士のブログとしてどうなんだホント。

でも、どれも本当に必要なモノばかりなので後悔はしていません!
来年も、必要なモノへの投資は惜しまない(=そうできるように仕事を頑張る)1年にしていきたいですね。

びとう

てか、実は新しいMacBookを昨日ポチったばかりでして。
年明け早々に届く予定になっているのでこちらも楽しみです(^^

この記事の関連記事

・2018年振り返り記事の第1弾は「旅した場所」!
2018年こんなところに行きました【Instagram投稿で振り返る2018年】

・第3弾は「喋る仕事」についてです
2018年、改めて実感したブログ&ホームページで「書く」効果

運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】