ラジオ配信@スタエフ&YouTube はじめました

AirPods Pro第1世代の音質が凄い!無印AirPodsとの違いに驚いた

AirPods Pro

Apple好きで日々の税理士業でもMacを使っている京都の税理士・びとうです。

先月末(2019年10月30日)に発売となったAirPods Pro
私もさっそくゲットしました!
AirPods Pro

ウチに届いたのが発売日翌日の31日で、そこから約2週間、じっくり使い込んでみました。
この間には東京への新幹線移動もあったので、そこそこいろんな状況での使用感が試せたのかな、と。

私は無印AirPods(第1世代)を使っていて、今回はそこから新型に買い替えた形になります。

この記事では、
「AirPods Proと無印AirPodsの違いが知りたい!」
という方のために、その辺(無印AirPodsとAirPods Proの違い)を中心に、AirPods Proの使用感をレビューしてみます。

無印AirPodsからの買い替えを検討中の方の参考になれば嬉しいです!

ちなみに、2022年秋に発売された第2世代AirPods Proも買いました。
こちらはさらに音質がアップしてます!1stインプレは↓ラジオにて。
(ブログ記事にするのはもう少し先かも)



「買い換えるなら次もAirPods一択」だったところでのPro発売!

上にも書いたように、私はこれまで1年半ほど無印AirPods(第1世代)を使ってきました。

買う前は正直「高いなー」と思っていたものの、実際に使ってみて、

  • ワイヤレスの快適さ
    (コード付きのiPhone付属イヤホンにはもう戻れない)
  • iPhoneApple Watchとのスムーズな連携
    (複雑な設定不要でこれらとすぐにつながれる&これらから気軽に操作できる)
  • 携帯性
    (ケースがズボンのポケットに入れられるコンパクトさ)
  • 充電速度の速さ
    (ものの5分程度の充電で1時間は聴ける)

こういったところがとても気に入っていました。

びとう

次に買い換える場合ももちろんAirPods!

と思っていましたし、最近無印AirPodsの電池の持ちが悪くなってきた感もある。
ただ、今出てる第2世代は第1世代とほとんど代わり映えしないし、これならあえて買い替えるまでもないな…。

と思っていたところでAirPods Proの発売ですよ!
そりゃ即買いするでしょ(^^
(Appleから発売を知らせるメールが来た瞬間に予約しました(笑))

そうして発売日の翌日(10/31)に我が家に届いたAirPods Pro。
開封前のAirPods Pro

いざ開封の儀!

以下、到着と同時に執り行ったこのブログ恒例・開封の儀(大げさ)を愛機・Nikon D500で撮った写真とともにお送りします。

「そんなんどーでもええわ!」という方はこちらをクリックで開封の儀をパスできますm(_ _)m

段ボールの封を解いたら白い外箱が登場です(わくわく
AirPods Proいよいよ開封!

段ボールから出しました。AirPods Proの文字が光る〜!
外箱に入ったAirPods Pro

上蓋を取るとお決まりの"Designed by Apple in California"の文字が。
AirPods Pro開封中

この中には簡単な説明書などが入っています。(これもお決まりですね)
開封中のAirPods Pro

そして現れたAirPods Pro!まるで卵のよう。
開封中のAirPods Pro

さぁ、開けましょうかね(^^
てか、微妙にケースにピントが合ってない
開封中のAirPods Pro

無事産まれました〜!(違
生誕と同時にケース手前のインジケータが白く光って、親鳥接続先のiPhoneを探しています。
開封直後のAirPods Pro

さっそくiPhoneに接続しちゃいましょう。
といっても特に何かするわけでもなく、こうしてしばし待つだけです。
AirPods ProをiPhoneに接続中

あっさりiPhoneとの接続が完了!
これでマイiPhoneでAirPods Proが使えるようになりました。
AirPods ProとiPhoneの接続はあっさり完了

いつものことながら、Apple製品の使い始めのお手軽さは本当に素晴らしいな(^^

ちなみに、AirPods Proの下には交換用のイヤーチップと充電用のコードが入っています。
開封中のAirPods Pro

AirPods Proはカナル型を採用しているため、イヤーチップが必須。
付属のイヤーチップのサイズはS・M・Lの3種類。
開封時はMが本体に付けられていて、SとLの2種類が↓この中に入っています。
AirPods Proのイヤーチップケース

初代AirPodsよりも黒い部分が多いです。
(見た感じ、マイクなどが潜んでいる模様)
AirPods Pro

なんか豚足みたいでカワイイ(笑
AirPods Pro

無印AirPodsとの見た目の違いは?【うどん感がほぼ消えた!】

無事開封の儀を執り行ったあとは、いよいよ本題である無印AirPodsとの比較に移ります。
まずは引き続き写真を使って無印AirPodsとの見た目の違いをレビューしてみます。

左がAirPods Proで、右が無印AirPods(第1世代)。
AirPods(第1世代)とAirPods Pro

見てのとおり、目立って異なるのが本体の大きさです。
AirPods Proは垂れ下がるうどんの部分が従来よりも短くなり、よりコンパクトになっています。
(ただ、イヤホン本体(丸っこい部分)はAirPods Proの方が大きくて、より太く短くなった印象。)

角度を変えて撮ってみました。
AirPods(第一世代)とAirPods Pro

この写真でよくわかる(と嬉しい…)のが、音が出る部分が向いている角度の違いです。
無印AirPodsと比べて、音が出る部分が下に向いています。

これにより、AirPods Proは装着時にうどんの部分がダラリと下に垂れ下がることがなくなりより顔に密着した形で装着できるようになっています。

びとう

これまでと比べて「うどん感」はだいぶ薄まりましたね〜。

AirPods(第一世代)とAirPods Pro

無印AirPodsより良くなったところ

続いて、2週間じっくり使ってみて気付いた初代AirPodsとの違い(こういうところがいい!という点)をどんどん挙げてみます。

コンパクトな装着感(落ちやすくない!)

上で書いたように、全長が短くうどん感がなくなったことによって、
装着時はよりコンパクトにまとまってくれるようになりました。

無印AirPodsはダランと垂れ下がったうどんがジャマで、装着しながら服の脱ぎ着なんてとてもできなかったんですが、
AirPods Proではそれも余裕ですよ(^^

耐水仕様になった!

あと、耐汗・耐水性能が公式のスペックとして謳われるようになったのもかなり嬉しいです。

無印AirPodsもある程度は防水が効く感じはありました。
汗に濡れたりしても壊れたりしなかったですし。

ただ、Airpods Proはそこからさらに一歩進んで「耐汗・耐水性能がある」ということで、
これを買って以来、風呂には必ず付けて入るようになりました。
しかも、シャワー中もずーっと付けっぱなしです。
(今のところ、それでも問題はありません)

びとう

ちなみに、充電ケースには耐水性能はないそうなので、濡れた後はしっかり乾かしてからケースに入れるように気をつけています。

ノイズキャンセリング&外部音取り込み機能搭載!

他に、AirPods Proになったことによる大きな変化といえば、
「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」機能の搭載です。

これらもかなり効果があります!
「外部音取り込みモード」は個人的にはあまり使わないけど、「アクティブノイズキャンセリング」にはかなり助かっています。
相当な割合で音をシャットアウトしてくれるので、周りが騒がしいときには本当に有効です。

↓このように、Apple Watchからでも「ノイズキャンセリング」「外部音取り込み」への切り替えができるのは便利です。
Apple WatchからAirPods Proのノイズコントロールが可能

ただ、Apple製品特有…といえばイメージが付く人も多いかもしれませんが、
人工的に音をシャットアウトしているので、肝心の音質は通常モード(ノイズコントロールオフ)の時よりも少し落ちる印象があります。
(新幹線に乗っているときに使うと音がシャカシャカしたり、なんてことも。)

自然な音で聴きたいならノイズコントロールはオフが一番ですね。

音質が段違いにいい!!【これがイチオシ!】

そしてそして!
今私が一番強調したい無印AirPodsとの違いがコレです!
音質が段違いにいい!!

実はワタクシ、AirPods Proが届いた直後に勢い余って↓こんなツイートをしてしまいました。

普段しょーもないツイートはしないように心掛けている自分が勢い余ってその「禁」を破ってしまうぐらいの驚きです(^^

なんて言うか、立体的な音というか、ステレオ感が増して無印AirPodsでは聞こえなかった音がたくさん聞こえてくるんです。

個人的に腐るほど見ている↓この動画も、AirPods Proで聞くと意外と音が悪いことに気付かされます。

↓こっち(日本での放送版)と比べてみたら段違い。

↓この動画の音なんてリアル過ぎて、当日の球場の空気を思い出してまた泣いてしまった…。

あれからもう半年以上経つのに(^^;
ただ、AirPods Proで聴いたらそれぐらいの臨場感が味わえます!!

びとう

引退試合を見に行ったぐらいのイチローファンなもんで、関係無い動画を突然失礼しました(^^;

ま、ぶっちゃけ言うと無印AirPodsの音質がそれだけ(略)とも言えますが、
AirPods持ちの人ならお分かりのとおり、AirPodsのメリットって、音質以外の部分も大きいので。

それが音質まで伴ってきたとなれば…ますます欠点が無くなったということです(^^

微妙な変化だ(悪くなった)と思うところ

もちろん、いいことばかりじゃなく、「微妙やなぁ」と思う点についてもしっかりと触れておきましょう。

充電ケースが大きくなった

1つ目は充電ケースが大きくなってしまった点。

左がAirPods Proの充電ケースで、右が無印AirPods(第1世代)の充電ケース。
AirPods(第1世代)とAirPods Proのケースの違い

だいたい1.5倍ぐらいにはなってますよね?

この変化のせいで、充電ケースをズボンのポケットに入れ辛くなってしまいました。
初代よりも傷が付きやすくなりそうやなぁ…。

電池持ちが悪くなった

あと、高性能になったからなのか、無印より電池持ちが悪くなった印象があります。
これはAirPods自体だけでなく、充電ケースも。

というか、充電ケースのバッテリー容量って、無印のより明らかに減ってません??
数日充電しなかったらすぐにバッテリー残量がゼロになって、

びとう
おいおいおい。せっかくケースに入れてたのに(ケースのバッテリー残量がゼロのせいで)AirPods充電できてへんやん
となること多々。

って、またまた充電ケースに対するイチャモンになってしまった(^^;

カナル型イヤホンになった

最後はですね。
実はワタクシ、カナル型イヤホンの装着感が苦手なタイプで。
その点、AirPods Proがカナル型に変わってしまったのは正直「う〜ん」って感じです。

カナル型が苦手な人間にとって、装着時の耳の感覚が従来から変わらないようにするのは重要なテーマです。
ただ、この点については、イヤーチップをLにする(=あえて大きなサイズに変える)ことである程度は解消しています。

びとう

最初は小さい方がいいかと思ってSに変えたんですが、耳にちゃんと収まってない感じがして余計に気持ち悪くて。
全種類試した結果、一番違和感なく使えるのがLサイズでした。

私のように「カナル型が苦手だ」という人は大きめのイヤーチップを使うといいかもです!

びとう

てか、カナル型ってイヤーチップの汚れがどうしても気になりませんか?
(潔癖気味のA型オトコ)
イヤーチップのマメな交換は必須ですよね。
スペアは400円ほどで買えるそうですが…。

AirPods Proレビューのまとめ

というわけで、この記事では長々と無印AirPods(第1世代)との比較を中心としたAirPods Proの購入レビューをお送りしてきました。

まとめとして、私が感じた無印AirPodsとの違いをもう一度リストアップしておきます。
(それぞれの項目へのリンク付きです)

今もまだ2〜3週間待ちの状態が続いているようですが、
早く品薄の状態が解消して、より多くの人にAirPods Proの良さを味わって欲しいですね。

以上、超個人的なAirPods Pro購入レビューでした。
無印AirPodsからの買い替えを検討中の方の参考になれば嬉しいです!

この記事の関連記事


ABOUT US
尾藤 武英
京都市左京区下鴨を拠点に活動する税理士です。
出身も左京区で、2年ほど大阪に住んでいた時期を除くとずーっと京都在住。
好きなコトやモノへのこだわりが強く、そんなこだわりを写真というフィルターを通じて表現するのを楽しんでいます。
【好きなコトモノ】カメラ・写真 / Apple製品 / 競馬(厩舎応援&一口馬主) / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景
【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
専門は相続税、会計ソフトはクラウド推しな税理士事務所です。
代表税理士が全ての業務を直接担当。元予備校講師の経験を活かしたわかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
オンラインでもお受けしていますので、お住まいの地域問わずお気軽にどうぞ!
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ホームページ・ブログ運営の単発相談サービス
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ