Macの半角/全角の切り替え方法をWindowsでも適用するには?【Parallels Desktop使用時】

マイMacBook

普段Macで仕事をしている税理士・びとうです。

Macはとても使いやすくて気に入っていますが、
会計ソフトの一部(弥生)や税務ソフト(JDL)、税理士の電子署名はWindowsでしか使えませんので、Macの中にWindowsを入れてこれらの業務を行っています。

関連記事

Parallels Desktopというソフトを使っています。詳しくは以下の記事にて!
MacのOSをアップグレード。Macでも税理士業務は十分可能です

その際に出てくる不都合をひとつ挙げるとすれば、キー配列が違うという点です。

MacとWindowsの一番の違いはキー配列とその役割

キー配列の違いでの代表的な例が「BackSpaceキー」と「Delete」キーの意味合いの違いです。

そもそも、Macには「BackSpaceキー」は無く、また、名前は同じ「deleteキー」でもその役割はWindowsとは全く逆で、カーソルの左側にある文字を削除する時に使います。
(つまり、Windowsでいうところの「BackSpaceキー」の役割を果たすのが「deleteキー」です。)

カーソルの右側にある文字を削除する際には、「fnキー」を押しながら「deleteキー」を押す必要があります。

fnキーとdeleteキー

ご覧の通りのキー配列です。
「fnキー」と「deleteキー」の同時押しも慣れれば親指と中指で一発で出来ます。

また、文字や数字の半角←→全角の切り替えも、Macだと一番下にあるスペースキーの両隣にある「英数キー」「かなキー」を使います。

スペースキーの両隣にあるキーを使います

使い方はとても単純で、「英数キー」を押せば半角入力に、「かなキー」を押せば全角入力に切り替わります。
この切り替えがメチャクチャ便利なんです。
(もちろん、全角入力から文字変換を経由して半角の英字や数字に切り替えることも可能です。)

ただ、これがWindowsを使っている時にはうまく働いてくれません。
Windowsの半角/全角の切り替えは「半角/全角キー」で行いますがMacにそんなものはありませんし、キー配列も、Windowsのスペースキーの両隣は「無変換キー」と「変換キー」が配置されていますよね?

Windowsを動かしている時にいくらMacの感覚で「英数キー」と「かなキー」を押しても、
Windows的には
「何『無変換キー』と『変換キー』を必死になって押してんねんな?」
程度の感覚になってしまっているようです(^^;

しかし!
Windowsを動かしていても、Mac同様「英数キー」と「かなキー」で半角/全角を切り替えられるようにする方法をついさっき発見しました!
(確定申告業務も終わったこの時期に…。)
あまりに嬉しかったので、今日はその方法を紹介することにします。

参考にさせて頂いたのは以下のページです。

こちらのページはWindows7の場合の方法が書かれていますので、Windows8.1ならこうする!というのをご紹介します。
なお、私がWindowsで使っている入力方式は「Microsoft IME」ですので、ご紹介するのも「Microsoft IME」の場合の切り替え方法です。

Windowsのキー設定を変えていきます

1 まずは設定画面に入る

コントロールパネルを開いて、「時計、言語、および地域」の中の「入力方法の変更」をクリックします。
スクリーンショット 2016-03-11 14.21.02

右端にある「オプション」をクリック。
スクリーンショット 2016-03-11 14.24.34

真ん中にある「入力方式」「Microsoft IME」の右端にある「オプション」をクリック。
スクリーンショット 2016-03-11 14.26.39

下の方にある「詳細設定」をクリック。
スクリーンショット 2016-03-11 14.28.11

「全般」タブの真ん中にある「編集操作」のキー設定が「Microsoft IME」になっています。
その右端にある「変更」ボタンをクリック。
スクリーンショット 2016-03-11 14.29.49

すると、こんなゴチャゴチャした設定画面が出てきます。
スクリーンショット 2016-03-11 14.33.47
ここで、文字入力の際にどのキーにどんな役割を持たせるかを設定することが可能です。

2 次に設定を変更する

カーソルを下に下げていけば、左端に「無変換」「変換」という文字が出てきます。
スクリーンショット 2016-03-11 14.37.50
それぞれのすぐ右側に「かな切替」とか「再変換」という文字が見えますが、これらが今の「無変換キー」と「変換キー」に与えられている役割です。
これらに変更を加えていきます。

まずは「無変換キー」から。
「かな切替」となっている部分にカーソルを合わせた上で、右下3つのボタンのうち真ん中にある「変更」ボタンを押します。
スクリーンショット 2016-03-11 14.43.34

設定可能な機能が一覧で表示されます。
今は「かな切替」が設定されているので、そこが青くなっています。
スクリーンショット 2016-03-11 14.46.12

これらの選択肢のうち、↑上の画面だと一番右の列の真ん中ら辺にある「IME-オフ」を選んで「OK」ボタンを押します。
スクリーンショット 2016-03-11 14.49.51

これで、「無変換キー」を押せばIMF入力モードがオフに(=半角入力が可能に)出来るようになりました。
スクリーンショット 2016-03-11 14.52.13

続いて「変換キー」も同じように変えていきます。
今度は「IME-オン」(=全角入力が可能)になるように変更します。

スクリーンショット 2016-03-11 14.54.51
「無変換キー」は「IME-オフ」に、「変換キー」は「IME-オン」に、それぞれ変わりました!
最後に一番下4つのボタンのうち右から2番目にある「適用」ボタンを押せば変更が反映されます。

スクリーンショット 2016-03-11 14.57.08
OKボタンを押して1こ前の画面に戻れば、真ん中の「編集操作」のキー設定が「ユーザー定義」に変わっています。
オリジナルの設定が反映されてますよ!ってことですね。

これで、めでたくWindowsでも「英数キー」と「かなキー」で半角/全角を切り替えることが可能になりました!

私と同じように、Macの中にWindowsを入れてお仕事をされている方は是非参考にしてみて下さい。
Windows使いの方が独自のキー設定をしてみたい場合にも使える方法だと思います(^^)


AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬の写真を撮る / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。

尾藤武英税理士事務所 | 相続税と確定申告に強い京都市左京区の税理士 ホームページへ
講師・執筆のご依頼やこのブログへのご意見ご感想は当ブログ内のお問い合わせページよりどうぞ