愛知・豊山町 イチローゆかりの2つの名所に行ってきた!

イチロー記念館外観

昨日までの連休中は初日は仕事、2日目と3日目はお休みを頂きました。
で、お休みだった昨日は以前から行きたかったとある場所に行ってきました。
その場所とは…。

愛知県西春日井郡豊山町です。

この地名を見てピンと来たアナタは私と話が合いそうですね〜。
そうです、ここはあのイチロー(ファンなので以下敬称略)の出身地です!

この街にある、イチローファンなら絶対に一度は行くべき2つの名所(イチロー記念館とバッティングセンター)に昨日初めて足を運んできました。
その2つの名所、いや、聖地の様子を今日はご紹介します!

イチロー記念館(イチロー展示ルーム「I-fain(アイ・ファイン)」)

まず向かったのは、イチローの実家の敷地内(隣?)に建っているというこんな名前の施設。

いわゆる「イチロー記念館」です。
なんでも、幼少期から現在に至るまで、彼に関するありとあらゆるものが展示されているとのこと。
期待に胸が高まります(^^)

場所は公共交通機関で行くにはやや不便なところにあります。
↑上のHPにはちょっと離れた駅からバスを使って行くルートが紹介されていますが、私は距離的に一番近い駅からの徒歩を選択しました。
降り立ったのは名鉄小牧線の味美(あじよし)駅。
名鉄味美駅

ここから北西方向に約2km、25分ほど歩きます。
↓こんなルートを辿ります。
味美駅からイチロー記念館までのルート

閑静な住宅街を歩くこと25分。目的の建物が見えてきました!
(↓この写真は上のルートから少し通り過ぎたところから撮っています。)
イチロー記念館の外観

ついに聖地に来た!!
建物の奥に見える大きな屋根はおそらくイチローの実家かと…!チチローさんいるかなぁ

建物の外にある看板 オフィスイチローの看板 アイ・ファインの看板

入場料は大人900円。
少し緊張しながら(なんで?)中に入りました。

中は撮影禁止なので、以後は文章での紹介です(^^;

懐かしいグッズに至るまで全て保存してあるのは凄い!

施設は4階建て(見れるのは4階途中の階段の踊り場まで)で、1階の入り口で入場料を払ったら、まずはエレベーターで3階に上がります。

3階には幼少期から現在に至るまでの公私様々なグッズが。
そして2階には、1994年のシーズン210安打関連の品物や、日本プロ野球機構やメジャーリーグ機構から貰ったオフィシャルな表彰品の数々が展示されていました。

かれこれ1時間以上はいたでしょうか。
ファンにとってはたまらないものがたくさん置いてありましたよ〜。

実使用のユニフォームやスパイク、写真やポスターといった定番と呼べるものはもちろん、それ以外にも本当にいろんなものがありました。
たとえば↓こーんなものまで。

  • 昨年(2015年)1年だけ使用した貴重な白バットとグローブ
    ただ、バットはグリップまで白かった(松ヤニで黒くなってなかった)ので、多分試合では使っていないものかと。

  • ブルーウェーブのユニフォームがデザインされたクッション
  • 1993年に発行された球団イヤーブックのインタビュー記事で掲載された、小川、中嶋、田口、イチロー(当時鈴木)の4ショット写真
  • 1994年、史上初の200安打達成に向けて球団が作成した「イチロー夢挑戦」という、ヒット数をカウントアップするポスター
    上の3つ、どれも「懐かしい〜!!買ったよこれ!(もうどっか行ったけど)」という品物です(^^;

  • 三ツ矢サイダー「さわやかイチローフェア」ののぼり&日産自動車「イチロ・ニッサン」のテレホンカード
    どちらも昔CMに出ていたときの懐かしいグッズです!

  • ・サーパス神戸(オリックス二軍の当時の名称)のユニフォーム
    彼、サーパスにいたことあったっけ??

    【追記】
    サーパスユニは2軍に来る来ないに関わらず、シーズン開始時に全選手に支給されていたとか。
    だから持ってるんですね。
  • 1996年、彼のサヨナラタイムリー二塁打でリーグ優勝が決定した、まさにその瞬間を球場の裏山から捉えた写真
    大島がホームインしてイチローが二塁を回ったところでガッツポーズをしてスタンドの観衆は総立ちという、まさにその瞬間の裏山からの写真です。しかも構図も完璧。
    誰がこんな奇跡に近い写真を撮ったんでしょうか??
    この試合、見に行ってたんですよね〜。今思い出しても鳥肌が立ちます。

  • 某巨大掲示板運営会社から贈られた、彼が2009年WBC決勝で勝ち越しタイムリーヒットを打った瞬間に某巨大掲示板のサーバが5台も落ちたという証明書兼表彰状
    洒落っ気たっぷりの表彰状ですね!

どうですか?
「そんなもんまで置いてあんの?」って感じでしょ??
なんせ、幼少期に使っていた勉強机までありましたからね。
あれだけのものをよく残しているな〜、と感心させられました。

イチローファンの方なら絶対に心踊る施設ですので、まだ行かれていないファンの方は是非!

イチロー展示ルーム「I-fain(アイ・ファイン)」
住所:〒480-0202 愛知県西春日井郡豊山町豊場四ツ塚53
営業時間:10:30~16:30(最終受付16:00)
定休日:毎週月・火曜日(但し、祝日の場合は営業) ※臨時休・営業あり


お次の目的地への間に母校も拝観!

この時点でかなり満たされた感満載でしたが、聖地はこれだけではありません。

次の目的地はイチロー記念館からさらに北西にあります。
ここも公共交通機関で行くには不便な場所ですので、またまた徒歩で移動です。
↓先ほどよりも移動距離が長い(約3km)ので、歩きたくない方はタクシーを推奨します。
イチロー記念館から空港バッティングへのルート

ただ、歩いて移動すれば途中で彼の母校が拝めます!
豊山中学校と…
豊山中学校

豊山小学校です(^^)
豊山小学校

30分以上歩いてようやく辿り着いたのは、ファンならずとも有名なこの場所!!
空港バッティングに着いた!

バッティングセンター(空港バッティング)

「空港バッティング」
イチローが幼少期にお父さんと一緒に毎日通っていたバッティングセンターです。

空港バッティング外観 空港バッティングにあるイチローの写真

ここは彼以外に、現侍ジャパン監督・稲葉篤紀氏が通っていたことでも有名ですね。
↓バッティングボックスのネットには2人の写真が飾ってあります。
空港バッティングにあるイチローと稲葉の写真

彼はこの8番打席で毎日練習していたそうです。
イチローが毎日練習していた8番打席

空港バッティングの構内

少し昭和な雰囲気が漂っていて、思ったよりも小さい施設でした。
ホームページを見ている限りもっと大きな施設なのかと思っていましたが、
敷居も全然高くなくて、どこにでもある国道沿いのバッティングセンター、って感じでしたね。

地元の少年野球チームの子たちが並んで打っているかと思えば、その隣の打席では女性も打っていたり。
「地元の人達に愛されているバッティングセンター」という雰囲気満点でした。

「ここからイチローや稲葉が出たのか〜。」
という感慨に思いっきり浸れる場所ですね!
ここで練習出来る子供たちは楽しいだろうなぁ。

空港バッティング
住所:〒480-0201 愛知県西春日井郡豊山町青山江川60
営業時間:10:00~23:00
定休日:年中無休


イチローファン聖地巡礼記(!?)のまとめ

2つの聖地でパワーを頂いてきましたので、今週も仕事頑張れそうです(^^)

昨日は結局その後も含めると合計2時間以上は歩いたでしょうか。
いい運動になった連休最終日の1日でした!

イチロー関連記事
その他の関連記事

名駅(名鉄名古屋駅)は何度行っても迷います(^^;
名鉄名古屋駅がカオスな理由を旅行者目線で挙げてみた


AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
尾藤武英税理士事務所ホームページ
 
【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ