iPad 2018を早々にゲット!Air2を文鎮にした男がそれでも買ってみた理由

iPad2018とApplePencil

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化。 詳しいプロフィールはこちら / 税金の解説記事も更新中!事務所のホームページはこちら

先週の金曜日に発売されたばかりの第6世代(2018年)の新型iPad。
さっそく手に入れちゃいました!
iPad2018とApple Pencil

Apple Pencilもあわせてゲットです(^^)

「Pro以外では初のApple Pencil対応」がウリの新型iPad。
待望のガジェット投入で、事務所のペーパーレス化もさらに加速していきそうです。
(というか、させますよ!)


スポンサーリンク

Air2は全く使いこなせなかったのに…

改めましての自己紹介ですが、私はWindows必携である日々の税理士業務もMacでやっているぐらい、Apple製品に目がない税理士です。
パソコンはMacBook Pro(型は古いけど)、スマホはiPhone X(私用)とiPhone SE(業務用)の2台持ちです。

もちろんiPadも持っていて、これまではAir2を使っていました。

ただ。
実はワタクシ、iPad Air2は全く使いこなせておらず…。

だって、↑上の記事にも書いたけど、Air2って存在が中途半端なんですもん。
中途半端に重くてデカくて。
Air2を持ち歩くぐらいならMacBookを持ち歩くし、ちょっとした調べモノならiPhoneを使うし。

そうこうしているうちに、Air2さんはすっかり事務所の肥やしと化し、最近では書類の文鎮として第二の人生を送っていらっしゃいましたorz

待望の「Apple Pencil対応廉価版iPadの発売」!

そんな使いこなせていないiPadの新型になぜ今さら飛びついたのか。
それはやっぱり、「Pro以外では初のApple Pencil対応」という点が大きいです。

てか、Air2が高価な文鎮と化してしまった一番の理由は
「『iPadでしか出来ない使い方』がAir2では見出せなかった」
点にあったと思うんです。

私が思う「iPadでしか出来ない使い方」の1つに
「手書きのメモや図がデバイス上だけで残せる」
というのがあるんですが、Air2ではそれが難しかった。

びとう

サードパーティ製のスタイラスペンを買ってそんな使い方も試してみたんですが、全然使い物にならなかったので…。
やっぱApple Pencilじゃないとダメだな、と思い知らされました。

 

  • iPadで手書きでメモや図を書きたい。
  • だからApple Pencilを使いたい。
  • でも、iPad Proはデカイし重いし高いし全然魅力的じゃない。

そう思っていたところで出てきたのが「Apple Pencilが使える廉価版のiPad」ですよ!

Apple Pencilが使えるiPadが128GBでも税別48,800円って、そりゃ飛びつくでしょ、ってなもんです(^^)

文鎮、あいや、Air2さんは今回の購入を機にAppleストアで下取りに出しました。
使いこなせなくてゴメンよ…という気持ちを込めて↓最後の記念撮影。
iPad Air2最後の姿

そして手に入れた新型iPad!
買ってきたばかりの新型iPad

手提げ袋から出してみた

新型iPad開封の儀をNikon D500で撮る

以下、このブログのシリーズ企画・Nikon D500で撮るの特別版、
「新型iPadの開封の儀をNikon D500で撮る」をお送りしましょー。

まずはApple Pencilから。Apple製品には珍しく、説明書が2冊も入ってました。
Apple Pencil開封!

そしていよいよiPadの開封へ…!
iPad2018の外箱

フタを開ければいきなり目的のブツが登場!わーい!
iPad2018お目見え!

色はゴールドにしましたー!
ゴールドが鮮やか

付属品は特に変わったものは無く。
付属品

さっそく設定をば。
iPad設定開始

Air2のバックアップデータを復元させて…。
データ復元中

Apple PencilをiPadにペアリングさせて…。
ペアリング中

はい、これで使えるようになりました!
設定完了!

相変わらず、Apple製品の初期設定のお手軽さは素晴らしいです(^^)

さっそくちょっとだけ使ってみた

せっかくなので、動いている(?)写真もいくつか載せておきます。

新型iPadの一番わかりやすいProとの違いは、液晶の写りだと言われます。
Proは液晶とガラスとの間の隙間がない「フルラミネーションディスプレイ」仕様ですが、新型iPadはそうではありません。
確かに、↓液晶とガラスとの間に隙間があるのがわかります。
(写真で伝わっているか謎ですが…。)
液晶画面とガラスの間に少し隙間が

Apple Pencilを使っていても、ペン先と液晶の間に微妙にスペースがあるので、紙に書くのとはちょっと感覚が違う。
でも、多分絵を描くとかなら気になるんでしょうが、メモ書き程度の使用なら特に問題は無いかと。
すぐに慣れるし、「そんなもんだ」と思えばどうってことないです。
(私自身は、ですけど。)

Apple Pencilもさっそく使ってみました!(内蔵のメモアプリを使用)
筆圧が地味に反映されているのが凄いな、と。
Apple Pencilテスト

Evernoteに保存することも可能です。これは使えそう。
Evernoteへ保存も可能

細い字もちゃんと書けますよー。
メモとしても使えそう

色がいいっすねぇ。カバー付けたくなくなるな…。
ゴールドが鮮やか

後ろ姿

せっかく手に入れた新型iPadなんで、これを機にペーパーレスをより加速させていこうかと。
これまでは仕事でのメモは全部「紙に手書きしてそれをスキャンして保存」というパターンでしたが、今後はiPadメモをメインに使っていくつもりです。

【追記】
その後も文鎮と化すことなく順調に使っています。
メモは全部iPadに残していて、紙のメモはほとんど取らなくなりましたね。
京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した税理士事務所です。
代表税理士1人で運営し、「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。