【ライヴレポ】DEEN 47都道府県ツアー2022@京都【2022.7.28】

【ライヴレポ】DEEN 47都道府県ツアー2022@京都【2022.7.28】

先日、DEENのライヴに行ってきました。
今回参加したのは5年に1度開催される「DEEN 47都道府県ツアー2022 ~The Last Journey 47の扉~」

第1回の2007年以来、久々に地元京都開催に参加です!
今回の会場は第2回と同じ場所にあるヒューリックホール京都でした。

10年前は元立誠小学校としての開催でしたが、
2020年にホテルを中心とした複合施設に生まれ変わり、ホールも併設されています。
こちらのトイレはよく借りるんですけど(おい)、ホールに入るのは初めてですねー。

この記事では、当日の様子を写真を中心に振り返ります。

以下、ネタバレ要素満載なので「見たくない!」という方はご遠慮ください。

まずはツアートラックを記念撮影

この日は平日で、17時半ごろまでフツーに事務所で仕事をしたあとにいざ会場へ。
(地元でDEENのライヴがあるって素晴らしい!)

まず向かったのは、ツアートラックが停まっている、という三条京阪です。

写真の背景から「はいはいあそこねー。」とわかったので迷わず直行。
やはり!見つけました〜。
三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

前回のツアトラ(詳しくはリンク先にて)より一回りコンパクトなサイズ。
これで全部入るんですか?パッケージング巧そう…。
三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

なんと、車のナンバーが0310ですよ!
DEENがデビューした3/10にかけているとは…細かいけど嬉しいこだわり(^^
三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

この時点で既に開場していたからか、撮りにきているDEENファンは他に誰もいませんでした(^^;
時間もないので、慌てて会場に向かいます!

そしてライヴ会場へ

ツアトラの駐車場から歩いて約10分。
ライヴ会場のヒューリックホール京都がある立誠ガーデンヒューリック京都に到着です。
DEEN 47都道府県ツアー2022@京都のライヴ会場

ホールは芝生エリアの先、新たに建てられた建物の1階にあります。
立誠ガーデンヒューリック京都

ヒューリックホール京都の入口
ヒューリックホール京都の入口

セットリストは「SINGLES+1」の収録曲中心

そしてライヴ。
セットリストは「温故知新」がテーマで、かつての名ベスト盤・SINGLES+1の収録曲が中心。

オープニングナンバーが「このまま君だけを奪い去りたい」で、
次が「翼を広げて」だったので、
「このままリリース順で演奏しちゃうのか!?」
と思ったけどそうではなかったです(^^;

47ツアーといえばアコースティックな演奏というイメージがありますが、
今回はそこまでアコースティックに振れることもなく、バンドスタイルに近い演奏でした。
前回のライヴレポ
「アコースティックはあまり好きじゃないから47ツアーも前回は行かなかった」
と書いたぐらいの人間なので、ちょっと覚悟(?)してましたが、いらん心配でした(^^;

演奏キーも、原キーで演るとそうでない曲を織り交ぜながらでしたが、
池森氏の声の調子も非常に良さげでしたよ!

いろいろ演ってくれた中で一番良かったのは「永遠をあずけてくれ」ですね。
ライヴでフルで聴くのは本当に久々だったので。
こちらは原キーでの演奏で、イントロが流れた瞬間から鳥肌立ちっぱなしでした…。

セットリストには2パターンあるようで、「永遠をあずけてくれ」を演奏しない会場もあるみたいです。

「清水の舞台から〜」を知らなかった池森氏!?

今回は1曲演るごとにMCが入るスタイルでいろんな話が聞けたんですが、
一番印象に残っているのが、池森氏の↓この天然発言ですかね。

蕎麦森氏
今日のオープニングムービーは金閣寺で撮りましたけど…え?清水寺も京都なの?
蕎麦森氏
公ちゃんさ、前回京都に来たとき、公ちゃんなんかセリフみたいな言葉を使ってたよね?なんだっけ?
「清水寺から…」的な。
山根っち
「清水の舞台から飛び降りる」?
蕎麦森氏
そうそれ!

って、「清水の舞台から飛び降りる」を知らんのかいっ!(笑

あと、山根っちから

山根っち
金閣寺からしばらく行くと同志社大学にきて、その近くに御苑(注:御所です笑)と前回のライヴ会場があって…

と、「同志社大学」という固有名詞が聞けたのも嬉しかったです。(母校なので(笑))

来年の武道館ライヴも見にいくぞ!

そんなこんなで2時間弱、楽しい時間もあっという間に過ぎてゆき。
最後はメンバーのお2人とグータッチしてお別れしました。
山根っちがめっちゃこっちを見て笑ってくれてたんですが、恥ずかしくて目を合わせられなかったです。
(って、オマエは何歳のオッサンやねん(笑))

終了後のヒューリックホール京都。
みなさん余韻を楽しんでます。
ライヴ終了後のヒューリックホール京都

ライヴ終了後のヒューリックホール京都

最後にもう一度三条京阪に戻ってツアトラを拝んできました(笑
三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック 三条京阪駐車場に停まっているDEENツアートラック

このあとのツアーの無事を願って!

次のライヴは来年の30周年武道館ライヴになりそう?
職種的に超繁忙期ですが、とりあえず3/10(金)〜12(日)の3日間は今から空けてます(^^


【関連記事】


2022年3月10日、伝説のDEEN25周年記念武道館ライヴがついにサブスク解禁!



Amazon Music Unlimited

ABOUT US
尾藤 武英
京都市左京区下鴨を拠点に活動する税理士です。
出身も左京区で、2年ほど大阪に住んでいた時期を除くとずーっと京都市内在住。
好きなコトモノへのこだわりが強く、こと趣味に関しては熱しにくく冷めにくい人間かも?
【好きなコトモノ】カメラ・写真 / Apple製品 / 競馬(厩舎応援&一口馬主) / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景
【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
相続税の申告や相続税対策、クラウド会計ソフトによる個人事業主・法人様の確定申告支援を専門としています。
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
オンラインでもお受けしていますので、お住まいの地域問わずお気軽にどうぞ!
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ