【ライヴレポ】DEEN AOR NIGHT CRUISIN’ ~4th Groove~@名古屋ブルーノート【2019.8.9】

名古屋ブルーノート DEEN公演の立て看板

おとといの金曜日(2019.8.9)、久々にDEENのライヴに行ってきました。
今回参加したのは「DEEN AOR NIGHT CRUISIN' ~4th Groove~」。

2000年代の初頭にリリースをしていたDEEN's AOR(アダルト・オリエンテッド・ロック)な曲をテーマとした4度目のライヴツアーです。
東名阪のビルボードライヴブルーノートを会場とし、通常のホールライヴとは一線を画した少し大人なコンセプトのライヴ。

ちなみに私は前回・2016年に行われた「3rd Groove」も見に行っています。

このときと同じ名古屋ブルーノートに今回もまた行って参りました(^^
前回同様、その様子をセットリストなどを交えつつレポします!

以下、ネタバレ要素が満載です。
ツアーが終わったので載せちゃいますが、「見たくない!」って方はご注意ください。

2ステージ両方見るつもりが…まさかの誤算!

私は京都に住んでいますが、京都から名古屋は意外と近くて、
新幹線を使えば私の事務所の最寄駅からでも約1時間で着けちゃいます。
(大阪に行くのとマジで変わらんという。)

とゆーわけで、この日はさっさと仕事を切り上げていざ名古屋へ。
旅行感覚に浸る間もなくあっという間に名古屋ブルーノートの前に到着です(^^
名古屋ブルーノート外観

各ステージの内容が違うという触れ込み→両方見ることを画策も…

AORツアーは1日2ステージ制で、この日の予定は↓こんな感じ。

  • 1st Stage:開場17:30 開演18:30
  • 2nd Stage:開場20:30 開演21:15

しかも、

「今回初の試みとして、各ステージの内容を変えてお届けするスペシャル・パフォーマンスをお見逃しなく!」

なんて姑息な集客手段を取ってくるもんだから、
お望み通り両方見てあげようと(笑)、1stステージに間に合うように17時過ぎに受付に行ってみたんですが…。
ここで、予想だにしなかったアクシデント(?)が発生。

1stステージがまさかの満席!

なんと、1stステージは既に満席で当日券を確保できないという大誤算!!

いやいや、チケットぐらい事前に予約しとけよ!

って思ったかもですが、DEENのライヴに売り切れなんて概念は基本ありえない(っておい(笑))から油断してたんですよ!
当日朝ネットで見たらまだ余ってたので、余裕だろうと思い込んでました…。

びとう

前回のライヴも当日券で余裕で入れましたしねぇ…。
ブルーノートは(ファンじゃない)ブルーノートの会員さんも見に来るので、その分の読みが甘かったのかも。

↓「当日券あります」って、確かに2ndはあるけど1stは無いやん…。
名古屋ブルーノート DEEN公演の立て看板

その時点でまだ17時過ぎ。
2ndステージの開場は20時半。
馴染みの無い名古屋の地で3時間以上の空き時間を潰すのは…結構辛かったです(^^;

ただ、2ndステージの席は無事確保できましたし、
ステージの内容も結果的に2ndの方が自分好みだった(1stは最新アルバムの曲中心で、AOR色が薄い内容だった様子)ので、まぁしゃーないかな、と…。

2ndステージ開始直前の様子【座席からの写真】

そんなこんなで思わぬ時間調整を強いられた中、20時半過ぎにようやく入場。
席に案内していただきました。
名古屋ブルーノート F列座席からの写真

今回も前回の席と同じような場所です(^^;
ただ、ステージまでの距離は相変わらず近いし、↓こんな感じで周りには誰もいなかったので、かなり贅沢にスペースを使えました。
名古屋ブルーノート F列座席からの写真

…1stステージの満席が嘘みたいだ(^^;
やっぱ、2ndステージは終わる時間が22時半過ぎと遅くなるのが嫌われてるんですかね?

お酒を呑みながらライヴが聴けるのはAORツアーならではです。
名古屋ブルーノート F列座席からの写真

ライヴ中の写真撮影はもちろん禁止です。
↑の写真はどれも入場直後に撮っています。
(ひょっとしたら、ライヴ前も全面禁止かもしれません。その場合は上の写真は全て削除します。)

セットリスト(全10曲(うちソロ曲2曲))

この日のセットリストは↓こんな感じでした。
(順番とか間違いがあるかもしれません)

  1. 太陽と花びら
  2. Lost time
  3. 雨上がりの空、この道を行こう
  4. i...
  5. 池森ソロ(夏川りみさんの「涙そうそう」のカバー)
  6. 山根ソロ(山下達郎さんの曲のカバー)
  7. ユートピアは見えてるのに
  8. 南の風
  9. 歌に願いを 〜SONG FOR YOU〜
  10. magic

5、6曲目のソロ以外は全てAOR期にリリースされた↓以下の3つのアルバムの曲たちを演奏!

中でも鳥肌が立ったのは、

  • 太陽と花びら
  • Lost time
  • 雨上がりの空、この道を行こう
  • 南の風
  • magic

あたりですかね!
(って、ほぼ全部やん(笑))
特に、普段のライヴでは絶対に聴けない「雨上がりの空、この道を行こう」「南の風」あたりがドハマりでした!

去年3月の25周年ライヴに行って以来、私もしばらくは初期の曲たち(「このまま君だけを〜」とか「翼を広げて」とか)にハマっていましたが…。

元々自分はAOR期の曲たちが大好きなクチ。
前回のAORツアーでも思ったけど、こんな曲たちが聴けるライヴの上演時間がたったの70分って…。
最近のホールライヴのように、MCの時間はいらんからもっと演奏曲を増やして欲しいです(^^;

あと、本人たちもライヴ中にちらっと言ってたけど、
またAORなテイストの曲を集めたアルバムも出して欲しいなぁ。

ちなみにこの日は22時40分頃に公演が終わって、そこから猛烈ダッシュで名古屋駅に移動。
タクシーの運ちゃんを急かしつつ(すいません…)、なんとか最終の新幹線(22時58分発新大阪行き)に飛び乗りました。
ただ、かなり心臓に悪かったので、関西方面からの2ndステージの日帰り参加はお勧めしません…。

【追記】このライヴのBlu-rayが発売中です!

そんなこんなで見に行ってきたAORライヴですが、
なんと、このツアーの様子が収録されたBlu-ray&DVDがさっそく発売されています!

収録されているのは名古屋ではなく東京の様子ですが、この日見逃した1stステージの様子もしっかり収録されています。
さらに、Blu-rayの方は同音源のCD付き!

ワタクシももちろん買いました(^^


AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
尾藤武英税理士事務所ホームページ
 
【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ