Macの半角/全角の切り替え方法をWindowsでも適用するには?

Macの半角/全角の切り替え方法をWindowsでも適用するには?

普段Macで仕事をしている税理士・びとうです。

Macはとても使いやすくて気に入っていますが、
会計ソフトの一部(弥生など)や税理士専用の税務申告書作成ソフト、税理士の電子署名などはWindowsでしか動かないので、Macの中にWindowsを入れてこれらの業務を行っています。

関連記事

Parallels Desktopというソフトを使っています。詳しくは以下の記事にて!
MacのOSをアップグレード。Macでも税理士業務は十分可能です

そんなMacの使い始めの時期に戸惑ったのが、
MacとWindowsではキーボードの配列が微妙に違っていて、それが使い勝手にも影響するという点です。

MacとWindowsではキーボードの配列や役割が微妙に違う

代表例は「BackSpaceキー」と「Deleteキー」ですが

キーボードの配列やその役割の違いでの代表的な例が「BackSpaceキー」と「Deleteキー」でしょう。

そもそもMacには「BackSpaceキー」がありません。
また、「Deleteキー」についても、名前は同じ「deleteキー」でもその役割はWindowsとは全く逆で、カーソルの左側にある文字を削除する時に使います。
(つまり、Windowsでいうところの「BackSpaceキー」の役割を果たすのが「deleteキー」というわけ。)

カーソルの右側にある文字を削除する際には、「fnキー」を押しながら「deleteキー」を押す必要があります。
【Mac】fnキーを押しながらdeleteキーを押すと右にある文字が削除される

ただ、これはすぐに慣れますけどね(^^

Macの半角/全角の切り替え方法(英数/かなキー切り替え)がとっても便利!→Windowsでも適用させたいと思った

そして、もう1つの大きな違いが、この記事のテーマである半角/全角の切り替え方法です。

Windowsの半角/全角の切り替えは「半角/全角キー」で行いますが、Macにそんなキーは付いてません。
じゃあ何で切り替えるのかというと、スペースキーの両隣にある「英数キー」「かなキー」。
使い方はとても単純で、「英数キー」を押せば半角(=英数字)入力に、「かなキー」を押せば全角(=かな)入力に切り替わります。
【Mac】英数キーで半角入力に、かなキーで全角入力に切り替わる

この切り替えがメチャクチャ便利なんですよー!!(力説)

Windowsのキーボードの配列って、ここが「無変換キー(左)」と「変換キー(右)」になってますよね?
これらのキーの効果はMacの中でWindowsを動かしているときも初期設定として適用されているので、いくらMacの感覚で「英数キー」と「かなキー」を押してもWindowsでは何も起きてくれません(^^;

そこで!

  • Windowsを動かしていても、Mac同様「英数キー」と「かなキー」で半角/全角を切り替えられるようにしたい
    =Windowsの「無変換キー」「変換キー」にMacの「英数キー」「かなキー」と同じ役割を持たせたい!

と思って調べてみたところ、その方法が見つかったので以下で紹介してみることにします!

私がWindowsで使っている入力方式は「Microsoft IME」ですので、ご紹介するのも「Microsoft IME」の場合の切り替え方法です。

Windowsの無変換/変換キーにMacの英数/かなキーと同じ役割を持たせる方法

Windowsの「無変換キー」「変換キー」にMacの「英数キー」「かなキー」と同じ役割を持たせるにはWindowsの設定を変えてあげればいい。
というわけで、コントロールパネルからMicrosoft IMEの設定画面に入っていきます。

1.コントロールパネル内のMicrosoft IMEの詳細設定画面へ

まずはコントロールパネルを開いて、「時計、言語、および地域」の中の「入力方法の変更」をクリックします。
コントロールパネル>時計、言語、および地域>入力方法の変更 をクリック

右端にある「オプション」をクリック。
右端の「オプション」をクリック

真ん中にある「入力方式」「Microsoft IME」の右端にある「オプション」をクリック。
「入力方式」「Microsoft IME」の右端にある「オプション」をクリック

すると、小さなポップアップ画面(Microsoft IMEの設定画面です)に移ります。
下の方にある「詳細設定」をクリック。
Microsoft IMEの詳細設定の「詳細設定」をクリック

「全般」タブの真ん中にある「編集操作」のキー設定が「Microsoft IME」になっている(=Microsoft IMEの初期設定が適用されている、ということ)ので、これを変えていきます。
その右端にある「変更」ボタンをクリック。
「編集操作」の右端にある「変更」ボタンをクリック

すると、こんなゴチャゴチャした設定画面が出てきます。
Microsoft IMEのキー設定画面

ここが文字入力のときにどのキーにどんな役割を持たせるかを設定する画面です。

カーソルを下げていけば、左端に「無変換」「変換」という文字が出てきます。
それぞれのすぐ右側に「かな切替」とか「再変換」という文字が見えますが、これらが今の「無変換キー」と「変換キー」に与えられている役割です。
Microsoft IMEのキー操作の設定画面

これらに変更を加えていきます!

2.「無変換キー」の役割を「IME-オフ(=全角入力オフ)」に変更!

まずは「無変換キー」から変えていきましょう。
「かな切替」となっている部分をクリックした上で、右下3つのボタンのうち真ん中にある「変更」ボタンを押します。
「かな切替」にカーソルを合わせた上で、「変更」ボタンをクリック

設定可能な機能が一覧で表示されます。
今は「かな切替」が設定されているので、そこが青くなっています。
キー設定可能な機能の一覧

右にスクロールすると「IME-オフ」という選択肢が出てくるので、これを選んで「OK」ボタンをクリック。
「IME-オフ」を選んで「OK」ボタンをクリック

これで、「無変換キー」を押せばIMF入力モードがオフ(=全角入力オフ)にできるようになりました!
「無変換キー」を押せばIMF入力モードがオフ(=全角入力オフ)にできるようになった

3.「変換キー」の役割を「IME-オン(=全角入力オン)」に変更!

続いて「変換キー」も同じように変えていきましょう。
「再変換」となっている部分をクリックして「変更」ボタンを押します。
「再変換」にカーソルを合わせた上で「変更」ボタンをクリック

こちらは「IME-オン」(=全角入力オン)へ!
今度は「IME-オン」を選ぶ

これで「変換キー」も「IME-オン(=全角入力オン)」に変わりました!
一番下にあるボタンのうち「適用」ボタンを押せば変更が反映されます。
「無変換キー」は「IME-オフ(=全角入力オフ)」に、「変換キー」は「IME-オン(=全角入力オン)」に変わりました

OKボタンを押して1こ前の画面に戻れば、真ん中の「編集操作」のキー設定が「ユーザー定義」に変わっています。
オリジナルの設定が反映されてますよ!ってことですね。
真ん中の「編集操作」のキー設定が「ユーザー定義」に変わっている

最後、「言語のオプション」画面で「保存」ボタンを押すのもお忘れなく!
「言語のオプション」画面で「保存」ボタンを押すのもお忘れなく

これで、めでたくWindowsでも「無変換キー」と「変換キー」で半角/全角を切り替えることが可能になりました!

Macの半角/全角の切り替え方法をWindowsでも適用するには?のまとめ

以上、この記事ではWindowsの「無変換キー」「変換キー」にMacの「英数キー」「かなキー」と同じ役割を持たせるための設定方法を紹介してみました。

これ、慣れると本当に便利なので、
私と同じようにMacの中にWindowsを入れてお仕事をされている方はもちろん、
普段Windows使いだ、という方も是非取り入れてみてはいかがでしょうか?(^^

▼MacでWindowsを動かすならこのソフトがおすすめです▼



AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬の写真を撮る / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】