42歳でメジャーで1番を打って3日で13打数10安打って凄くないですか!?

BWイチローユニ

「凄くない」なんて言わないで下さいね(^^;
Ichiro!

我がヒーロー、イチローが突如目覚めました。
現地時間21日(日本時間22日)に久しぶりにスタメンで出場機会を得たかと思えば、昨日までの3試合でなんと13打数10安打
打席数が少ないとはいえ、今シーズンの通算打率も一時は4割を超えました!

ちなみに私は彼がプロ入りした時からずっと彼のことを見続けている筋金入りのイチローファンです。
私の筋金入り度がいかほどかは過去の↓これらの記事をご覧下さい(^_^)v

いったい彼に何があった?

それにしても、この数日の彼の猛打は本当に凄いです!
彼がスタメン起用され出してからのここ4試合の打撃成績、見てみますか?(日付は全て日本時間)

【22日・4打数4安打】
センター前ヒットレフト前ヒットレフト前ヒットフォアボール左中間へのツーベースヒット

【23日・4打数2安打】
センター前ヒット、サードゴロ、ライト前ヒット、レフトフライ

【24日・5打数4安打】
センター前ヒットレフト前ヒットライト前ヒット(打点1)、ファーストゴロ、ライト前ヒット

【25日・5打数ノーヒット】
ファーストゴロ、センターフライ、センターフライ、ショートゴロ、ピッチャーゴロ

【5月25日現在の今シーズンの通算成績】
65打数25安打 打率.385 出塁率.444 

24日までの3日間は神がかっているとしか言いようが無い成績です(^o^)
今日ノーヒットだったのは残念でしたが…。
ナイトゲームの次の日のデーゲームで、ちょっと疲れが残っていたのかな。

確かに今シーズンは開幕からずっと調子は悪くなさそうでしたが、でも、甘い球(特に速球)を捉えられない場面も多くて、コンスタントに出場出来ていないのが微妙に打撃にも影響しているように見て取れました。
それがスタメンで出た途端にいきなりコレですから。

スタメン起用がいい起爆剤になったと言うにしてもわかりやすすぎる結果ですね!

お馴染みのファンも見に来ていました

マリナーズ時代、「イチメーター」という、彼のヒット数をカウントするボードを毎日球場で掲げてくれていたシアトル在住のエイミー・フランジさんも、彼のスタメン起用に合わせたようにマイアミに行っていたようです。

ひょっとしたら、この猛打も彼女がマイアミに行ってくれたおかげかも(^o^)

普段は代打での出場ばかりなのに、わざわざマイアミまで見に行ったそのときにフル出場してくれて、しかも4安打で…。
そりゃ泣きたくもなりますよね。

今日現在、大きな区切りとなるメジャー3,000安打まではあと40本。
このままスタメン起用が続くかどうかは、今休んでいるイエリッチの怪我の回復次第、そして大不振に陥っている主砲スタントンの復調次第でしょうか。

いつ彼自身の調子が悪くなるか、また、いつ出場機会が減るかわかりませんから、試合に出れるうちにヒット数を稼いで欲しいです!

あの記録は絶対に今年達成して欲しい!

冷静に考えると、彼がシーズンを通して3割を打ったのは2010年が最後。
もう5年も前の話になります。
ただでさえ実力主義の世界ですから、そんな人なんてもうとっくに「終わった人」扱いを受けてメジャーの舞台から去っていてもなんら不思議ではありません。

でも、彼は今もまだメジャーの舞台に食い下がっています。
しかも今年はここ数年には無い勢いで。

メジャー通算3,000安打、今年絶対に達成して欲しいです。
そしていつか、ワールドシリーズ優勝のチャンピオンズリングを手にして欲しいなぁ。
あと何年メジャーで出来るかと考えると時間はほとんど無いですが、なんとか掴んで欲しい!
BWイチローユニ

こんな偉大な選手と30年近くも同じ時を過ごさせて貰えていることに感謝しながら、今日も仕事頑張りますか(^^)



AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ