人生はいつ終わるかわからない。悔いの無い毎日を生きようと思う

img_2005-1

人生は何が起こるかわかりません。
今この瞬間は元気でも、突然病気になったり交通事故に遭ったりして死ぬなんて可能性もゼロではありません。

もし今突然人生が終わってしまうとしたら、その時自分はどんな気持ちになるんでしょうか。
多分、数年後に自分がどんな人生を送っているのか、どんな税理士になっているのかを自分の目で見届けずに死んでしまうのは凄く悔しいのではないかと…。

そして、おそらく彼もそんな気持ちで天に昇ったんじゃないかなぁ、と。

追悼 ホセ・フェルナンデス投手

イチローが所属するマイアミ・マーリンズのエースピッチャー、フェルナンデスが昨日突然亡くなりました。

スクリーンショット

彼はキューバ出身の24歳のピッチャーです。
喜怒哀楽、特に「喜」と「楽」を前面に出したプレーヤーで、投げているときはもちろん、ベンチにいるときも、見ている我々を楽しませてくれた選手でした。

今年のある日のNHK-BSのMLB中継で、ベンチでマッティングリー監督に肩を組みながら話をしているフェルナンデスの姿を見た解説の小宮山悟さんが
「監督に対してあんな態度はありえない」
と怒っていたこともありましたが、そんな態度が許されるキャラでした。

まだまだ荒削りな面を残しながらも、今年は16勝を挙げる活躍。
投げることはもちろん、打つことにも秀でた才能を持った、間違いなくメジャーでも5本の指に入る投手。
享年24歳。無事であればあと何年プレーして、どれだけの実績を積み上げていけたのかと思うと、本当に残念で仕方がありません。

先月発売されたばかりの「スラッガー」誌のイチロー3,000安打達成記念号にも彼のインタビュー記事が載っています。
Slugger増刊
ホセフェルの記事
ホセフェルの記事

彼にはガールフレンドがいて、今彼女は彼との子供を身ごもっているそうです。
それを聞いている状態で改めてこの記事を見ると…。
今はせめて、お腹の中の子に無事に生まれてきてほしいとしか言えません…。

短い間でしたが、印象に残るプレーをたくさん見せてくれて、そして心からイチローをリスペクトしてくれて、本当にありがとうございました。
フェルナンデス投手のご冥福を心からお祈りいたします。

悔いのない毎日を送る決意

冒頭で
「数年後の自分を見届けずに今死ぬのは悔しい」
と書きましたが、そう思える環境に身を置けていることを幸せに感じて、そして、いつまでもそんな気持ちを持ち続けられるように、私も悔いの無い毎日を生きていこうと思います。



AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ