最新写真はInstagramにてマメに(?)更新中です

ついにNikon Z 6IIIが出る!ティザー動画公開。6/17正式発表へ

ついにNikon Z 6IIIが出る!ティザー動画公開。2024年6月17日正式発表へ

私が愛機をミラーレス機であるNikon Z 6IIに移行させたのが2年前。
その直後から発売が噂されていた後継機・Nikon Z 6IIIがついに発売されます!

【2024年6月10日】ティザー動画公開。6月17日21時からの発表を予告

昨日(2024年6月10日)21時に↓このようなティザー動画が公開されました。

ちょうど1週間後の6/17(月)21時にZ6IIIの発表がある、と(^^

たった30秒の動画ですが、いろんな想像をかき立ててくれます。
以下、一(いち)Z6IIユーザーとして感じたことなどを書いていきます。



動画内の3つのフレーズから予想されるNikon Z 6IIIのスペック

動画内では以下の3つのフレーズが出てきます。
それぞれ順番に拾ってみると

プリキャプチャー機能搭載

シャッターを切る前の
あの一瞬まで捉えられたら
きっと世界が変わる

→Z8、Z9、Zfに搭載されているプリキャプチャー機能の搭載は確実。
まぁこれは当たり前か。
でも、「もはやあたりまえ」な機能をわざわざこうして取り上げるってことは、
コレ(プリキャプチャー機能)に関して今以上の新しい何かが加わるとか??

ファインダーや液晶モニタの見やすさが向上?

まぶしい環境下でも
鮮明に見ることができたら
もっと良い作品が撮れる

デジカメinfoさん掲載のスペック情報では

  • 576万ドットの新しい高解像度EVF
  • 改良されたバリアングル液晶モニタ

といった項目が含まれており、上のフレーズはこれらを示唆したもの?

個人的に、今のZ6IIは液晶モニタやファインダー内での撮った画像の見え方(再現性)が残念に思っていて。
具体的には、

びとう
カメラのモニタで見ると大したことないけどパソコンに取り込んでみたら写りの良さにびっくり!

なんてことが多すぎるのです。
こないだの弓削島旅行のときもそうでした(だからパソコンの前で感動で泣けた笑)

私はカメラの主目的が競馬なのですが、馬を撮りながらでも、

びとう
素晴らしい写りが液晶モニタやファインダーでも伝われば、撮ってるときのテンションももっと上がるのになぁ…。

と常々思っているので、その辺が改善されているなら嬉しい!
(でもそこまでは求めすぎかな)

逆に、液晶モニタがチルトかバリアングルかに関しては個人的にはそれほど気にならないです。
バリアングルならバリアングルでなんとかなるでしょう。
チルトしか使ったことないので知らんけど笑

Z6IIとさほど変わらない大きさに強力な手ぶれ補正が加わる?

美しい色のすべてを
小さなカメラで表現できたら
どんなにワクワクするだろう

これに関しては「カメラレンズは高性能な範囲でなるべく小さく」という嗜好の自分としては嬉しいフレーズ。
Z6IIよりは若干大きくなる予想が出てますが、それでもZ8よりは小さくて軽いでしょうし。

あと気になったのが、このフレーズが出る直前の、
スケボーしている人を撮っている男の人のZ6IIIの装備です。
スケボーしている人を歩きながら撮っているのにジンバルを使っていないんですよね。

Z6IIは動画の電子手ぶれ補正が古くて全く使えない(こんにゃく現象が出まくる)んですが、
「ジンバル使わなくても歩きながら動画撮れるよ!」
→動画の電子手ぶれ補正もZ6IIから飛躍的に進化している??



メカシャッターを求める層待望のハイスペックカメラがついに登場?

ほか、動画の中で個人的に気になったのが、7秒あたりの鳥が飛び立つシーンのバックに入っているシャッター音。
それが高速なのはZ6IIの後継なら当然として、この音、電子シャッターじゃないですか?

私のように競馬を撮る人間にとって、
動体歪みが発生する電子シャッターは(特にレースを撮るときに)使えない代物であることは以下の過去記事で紹介したとおり。
サイレント撮影(電子シャッター)のデメリット。斜めに写るので流し撮りにはNG

「高速なスキャンレートが可能な積層型CMOSセンサー採用」とニコンが謳うZ9、Z8ですらレースで撮ると動体歪みが発生する以上、
競馬を撮る人間にとってメカシャッターは依然として欠かせないのです。
(無責任に「もはやカメラにメカシャッターなんていらない」とか言ってるカメラ系YouTuberさん、聞いてる??)

ニコンさん、ちゃんとメカシャッター積んでくれてますよね?大丈夫ですよね??

前述のデジカメinfoさん掲載のスペック情報でも「メカシャッターおよび電子シャッター」と書かれているので大丈夫だとは思いますが、
とりあえず、Z6IIIへの移行はメカシャッターの搭載が確認できるまでおあずけとします。
(もし載ってるなら即断ですよ、はい笑)

「3,000ユーロ前後」といわれる値段が日本円でいくらになるのかも気になりますが、
↑この金額はEU圏の付加価値税(おおむね20%前後)が含まれた数字だと思うので、
日本なら消費税込みで40万円弱ぐらいと予想しますが、どうでしょう??

などなど。
この記事では、昨日発表されたニコンのティザー動画を見て一(いち)Z6IIユーザーとして感じたことなどを呟いてみました。
いずれにせよ、来週6/17が楽しみですね!


【関連記事】


この記事をシェアする

ABOUT US
尾藤 武英
京都市左京区下鴨を拠点に活動する税理士です。
出身も左京区で、2年ほど大阪に住んでいた時期を除くとずーっと京都在住。
好きなコトやモノへのこだわりが強く、そんなこだわりを写真というフィルターを通じて表現するのを楽しんでいます。
【好きなコトモノ】カメラ・写真 / Apple製品 / 競馬(厩舎応援&一口馬主) / DEEN / イチロー
【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
専門は相続税、会計ソフトはクラウド推しな税理士事務所です。
代表税理士が全ての業務を直接担当。元予備校講師の経験を活かしたわかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
オンラインでもお受けしていますので、お住まいの地域問わずお気軽にどうぞ!
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナーや研修の講師・執筆
ホームページ・ブログ運営の単発相談サービス
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ