かつて使っていたカメラの写真をご紹介!【Nikon D300編】

昨日書いた「かつて使っていたカメラの写真をご紹介!【Nikon D70編】」という記事の一番最後で
「続きがあるのかわからないこのシリーズですが、もしあるなら(笑)次回は〜」
と書きましたが、さっそくその続きを書いちゃいます(^^;

今日は前回予告したとおり、今使っているカメラ(Nikon D500)の1つ前に使っていた元愛機・「Nikon D300」で撮った馬の写真をいくつか紹介します。

時期でいうと2008年から2016年までの8年間です。


8年間の総撮影枚数は約10,000枚!

前回も書いたとおり、私は2004年に初めてデジタル一眼レフカメラを買いました。
機種は「Nikon D70」。

使い始めた当初は、それまで使っていたコンパクトデジカメとの違いの大きさに感動しました。
デジイチの世界の素晴らしさを自分に教えてくれたまさに「恩人」でしたが、でも、使い慣れてくるとすぐに
「もっと性能のいいカメラが欲しいなぁ。」
と思うようになってきていました。

特に、レンズを今も使い続けている「AI AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED」に買い換えて以降はその欲が止まらなくなって、
「もっと性能のいいカメラ(ボディ)で撮ったらこのレンズの良さももっと活きるハズ!」
と勝手に思い込み(?)、ずっと買い換えるチャンスを狙っていました。
(まさにメーカーの思うツボですね(笑))

そんな中、当時Nikonが発売する中級機の中では最新鋭の機種だったD300にようやく買い換えるに至ったのが2008年秋のこと。
以後、今年の4月まで8年間使い続け、この間の総撮影枚数は約10,000枚を数えます。

間違いなく、私のデジイチライフ史に名を刻む名機です。
おそらく、D500が発売されていなければ買い換えようという気にもなっていなかったのではないかと思います。

そんなD300で撮った10,000枚の写真の中から厳選(!)した馬の写真を以下に紹介します。
前回の記事同様、日付順に写真を並べています。
見出しの日付の横にあるのは写っている馬の名前です。

2008年10月26日 ブライトロジック

D300を買って初めて競馬場で撮った写真がこちらです。
20081026

小雨が降っていて薄暗くて、写真を撮るには悪条件の中でしたが、それでもシャープなこの写り!
いいモノを買ったと確信した瞬間でした。
(って、D500を買った時にも同じことを言っていたような(^^;

2008年11月2日 ダイワスカーレット

競馬ファンなら誰もが知っている、歴史に残る名勝負となった2008年の天皇賞・秋。
この日、私は東京競馬場に松国厩舎所属のダイワスカーレット(惜しくも2着惜敗)の応援に行っていました。
パドックが終わって本馬場へと向かう瞬間のスカーレットと騎手、厩舎スタッフの皆さんを後ろから撮った写真がこちら。
20081102

陣営の背中から「さぁ勝負に行くぞ!」という気持ちがビンビン伝わってくる写真です。
秋の日差しがさらにいい味を出してくれています。

この時期(10月終わり〜11月)の晴れた日の東京競馬場の雰囲気は大好きです。

2008年11月15日 ダブルティンパニー

私がデジタル一眼レフカメラで初めて撮った馬・ダブルティンパニーが4年の歳月を経てここで再び登場!
D300に買い換えて、こうしたレース写真にもトライし始めました。
20081115

必死に逃げ込みを図るダブルティンパニー。
この写真ではまだ先頭で頑張っていますが、しかしその後右に写っている馬に交わされてしまいました(泣

2009年3月21日 ボンバルリーナ

レース写真ではこんなのも見つけました。
20090321

これ、先頭でゴールインして騎手がガッツポーズしている絵に見えるでしょ?
実際は、えーっと、確か7着ぐらいでした(^^;
ガッツポーズしているように見えるのも単なる偶然です。

ちなみにこの鞍上は、私が大ファンの福永祐一騎手!
たとえ人気で負けても彼が鞍上ならしょーがないと思える、私にとって彼はそんな存在です。

2010年5月9日 ダノンシャンティ

ダノンシャンティという馬がNHKマイルカップというG1レースを勝った直後の表彰式での写真です。
このレースも東京競馬場まで応援に行っていました!
20100509

↓これらの記事で登場するスマートオーディンのお父さんです。

2011年10月9日 アナスタシアブルー

思い入れのある血統の馬のデビュー戦のパドックでの写真です。
キレイに写っていますよねー。ピントもバッチリ!
20111009

ちなみにこの日は仕事に出勤する前に競馬場に立ち寄ってこの写真を撮りました。
この写真を撮った後、重いカメラを持って職場へ。
かなり大変だったのを覚えています(^^;

2013年3月9日 マッケンジー

こんな白い馬もたまにはいます。
レース後の表彰式での1枚です。
20130309

馬って、自分がレースに勝って表彰されているというのもわかっているそうですよ。
頭のいい動物ですよね。

2013年12月1日 ミッキーデータ

レース後の表彰式での1枚。
褒められているのがわかっているのか、馬もゴキゲンの表情です!
20131201_01

翌年が午年だったので、年賀状にもこの写真を使わせて頂きました(^o^)

2013年12月1日 ベルシャザール

上と同じ日のメインレースはジャパンカップダート。
ここで優勝したのが我らが松国厩舎のベルシャザール!
表彰式での1枚です。これは興奮しました〜。
20131201_02

2016年4月24日 レッドボルテクス

D300で撮った最後の日の写真がこちら。
20160424

顔が見えないのでこういう馬装は好きじゃないです…。
ま、こちらの事情なんてレースには関係無いので文句は言えないんですけどね。

この4日後にD500が発売されて、D500に買い換えたい衝動が抑えられなくなって、結果買い換えに至ったのは過去の↓これらの記事に記しているとおりです(^^;

まとめ

前回、そして今回と昔の写真をいろいろと紹介してきました。
ひょっとしたら、記事を書いている私自身が一番楽しめたのかもしれません(^^;

D300に「もっとちゃんと撮れ!」と怒られないように、今使っているD500でももっといい写真をたくさん撮っていきたいと思います!

この記事の撮影機材

このブログの運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】