2020年の初撮りは一口愛馬2頭の応援へ【ハーツクリスタル&クレッセントムーン】

ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

先週の土曜日(11日)、2020年の初撮りに京都競馬場へ行ってきました。
真の(?)目的は、一口出資している愛馬・クレッセントムーンとハーツクリスタルの2頭の応援です。
それぞれ、5Rと9Rに出走しました!

1日に愛馬2頭が出走といえば、揃って勝ってくれたおととしの10月以来です。
その日の記事現役一口愛馬2頭が揃って快勝。口取り写真にも初参加!
この日も9Rのクレッセントムーンの口取り権利が当たったので、もし勝てばまたウィナーズサークルでの記念撮影に参加できます!

さて、あの時のように揃って快勝&口取り参加となったんでしょうか…?
って、すぐに更新しなかった時点で結果は見えてますが

ハーツクリスタル=京都5Rに出走!

まずは先に出走したハーツクリスタルの写真をいろいろ載せていきます。

写真の無断転載は控えていただくようお願いします。

パドックにて

今回は1枠1番に入りました。馬体重の増減は無し。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/200 F11
ハーツクリスタル2戦目パドックの電光掲示板

今日は後ろ脚にバンテージを巻いてない!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

これは珍しい…。
何かあったんだろうかとちょっと心配。
(巻けないほど裏で入れ込んでいた、とかでなければいいけど)

ただ、今回もパドックでは落ち着いて歩いていてイイ感じです。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

相変わらずかわいいな〜。
そして相変わらず顔がデカい

1枠1番ということで、周回が終わったときに止まりそうな場所に移動して写真撮影を続行。
超逆光ですが、気にしない…。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/800 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/640 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/500 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

いやもー、ほんとかわいいんですよ!(そればっかり)
ハーツクライ産駒ってこんな感じの仔が多いですよね。素晴らしい。

そうこうしているうちに周回が終わりました。
ちょうどいい位置で立ち止まってくれた(^^
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

今回騎乗するフォーリー騎手が登場。
ハーツを見て笑ってます。なんの笑いだこれは
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
シェーン・フォーリー騎手

「これから騎手が乗るけど入れ込むなよ〜」
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/3200 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

「さぁいこう!」
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/800 F4
ハーツクリスタル2戦目パドック

騎手が乗っても入れ込まず、とってもいい雰囲気。
これは期待できそうだ(^^

松国厩舎の期待馬・ヒートオンビートも同じレースに出走

ちなみにこのレースには私が応援しているもう1つの厩舎・松国厩舎の超期待馬・ヒートオンビートも出ていました。
父が松国厩舎でダービーを勝ったキングカメハメハ、母は桜花賞馬のマルセリーナという超良血。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
ヒートオンビート2戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
ヒートオンビート2戦目パドック

おまけに鞍上がこれまた大ファンの福永祐一なのです。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/640 F4
ヒートオンビート2戦目パドック

  • 来年2月の定年による厩舎解散を前に、最後のクラシック出走が期待できる唯一の馬
  • 厩舎の先輩であり昨年亡くなったキングカメハメハの忘れ形見
  • 鞍上が福永祐一

というわけで、正直この馬には負けてもいいかな(というか、ハーツよりむしろこの馬に勝ってくれ)と思いながら見ていました(^^;

返し馬&スタート前の輪乗りにて

本馬場入場後の返し馬でも2頭はイイ感じ。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
ハーツクリスタル2戦目返し馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ヒートオンビート2戦目返し馬

レース発走2分前、馬がスタート地点にやってきました。
芝2,200m戦なので、デビュー戦に続き今回もスタンド前からの発走です。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ハーツクリスタル2戦目レース前

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
ハーツクリスタル2戦目レース前

不恰好なメンコを付けていたヒートオンビートもやっと外してくれました。
(そして、福永祐一かっこえぇ〜(笑))
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ヒートオンビート2戦目レース前

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
ヒートオンビート2戦目レース前

さぁ、いよいよ発走です。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ハーツクリスタル2戦目レース

そしてレース!

定刻の12時25分にレースがスタート。
ハーツはやや遅いスタートから馬群の中団を追走。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
ハーツクリスタル2戦目レース

そして最後の直線。
なんとか伸びようと頑張るところに、外から祐一&ヒートオンビートが接近!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

まさかの応援馬2頭の叩き合いが実現!!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4
ハーツクリスタルとヒートオンビートの併せ馬

…が。
1、2着争いではなく5、6着争いなんですけどね(-。-;

結果は3番人気で6着…

というわけで、ハーツは最後の直線で伸びを欠き、3番人気を集めるも6着に敗れました。
正直、最低でも掲示板には乗ると思っていましたが、まさかの負けっぷり…。

そのレース後の着順掲示板。
5着の欄にヒートオンビートの番号(14番)が見えます。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/200 F13
ヒートオンビート2戦目の着順掲示板

ヒートオンビート的にもこの敗戦は痛いなぁ〜。
ダービー出走なんて言えなくなっちゃいましたorz

レース後、シルク公式Twitterに出されたフォーリー騎手のコメントは↓こちらです。

びとう

んん??本当に距離の問題なのか??
馬場的にはむしろ合っているようにも思えたし…。

と、この時からこのコメントには違和感を覚えていたのですが、
この数日後、真の敗戦の理由(?)が明らかになります。(その話は後述

クレッセントムーン=京都9Rに出走!

ハーツの敗戦から2時間後、今度はクレッセントムーンが9Rに登場です。
口取り参加の権利もあるし、今度こそ勝ってもらわないと!

パドックにて

目に外傷を負った影響で、前走から4ヶ月空けての出走となる今回。
馬体重は前走比プラス14kgの506kgです。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/200 F8
クレッセントムーン7戦目パドックの電光掲示板

464kgでデビューした馬がずいぶん成長してきたな(^^

プラス14kgですが、元々細身の馬なのでそんな感じには全然見せません。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

クレッセントは後ろ脚もバンテージを着用。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/400 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

順光で撮れるのでキレイな写真が撮り放題!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/320 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

いやー、止まらんな(^^
同じような写真を連続で失礼しました。

パドックの周回が終了。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

鞍上はハーツに続きフォーリー騎手です。
てか、また笑ってるよ
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/3200 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目パドック

なんか、今回は凄くイイ感じに見えるんですけど。
以前負けたときはパドックで首を斜めにして入れ込んだり…なんてこともありましたが、今回はそんな素ぶりは全く見せず、大人しく周回してたし。

しかも、

  • 使い込むより休養明けの方がいいタイプ
  • 暑さに弱いので冬場の気候もプラス

というわけで、2勝クラスへの昇級初戦にはなるものの、
「これは悪くても掲示板(5着以内)は固いんじゃないか」
「もしここで掲示板にすら乗れないなら、このクラスでは通用しないんじゃないか」

と、大きな期待を持ちながらレースを見守ることになります!

そしてレース!

レースは14時30分にスタート。
クレッセントは好スタートから馬なりで中団に付けます。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目レース

…が。
良かったのは途中まで。
なんと3コーナーで手が動き、4コーナーの時点では既に掲示板圏外。
後方に置かれたまま最後の直線を走ります…。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4
クレッセントムーン7戦目レース

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目レース

壮絶な最下位争いをハナ差制して(違)15着でゴール。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4
クレッセントムーン7戦目レース

結果は4番人気でなんと15着…

なんと、「最低でも掲示板」のハズが4番人気で15着という結果に終わってしまいました。

1勝クラスを勝って2勝クラスに上がった途端、自分の持ち時計も走れずに惨敗するって、
どっかのブルヴェルソンさんと全く同じパターンじゃないですかっ!

これはショックですわ…。
原因は何なんだろう…。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1600 F4
クレッセントムーン7戦目レース後

まとめ 新年早々波乱の幕開け?

というわけで、2020年の初撮りは一口愛馬2頭が見事(?)揃って惨敗という結果に終わってしまいました。

しかも、ただ負けただけじゃ済まなかったのです…。

ハーツクリスタルに全治6ヶ月の骨折が判明(泣

レースの数日後、ハーツクリスタルに全治6ヶ月骨折が判明。
いつ骨折したかは不明ですが、騎手に「距離が伸びた方が」と思わせるようなジリジリ具合の原因はおそらくコレかと…。

↑こうツイートしたように、
出走できるレース(3歳未勝利戦)があと約半年間しか無い今の時期に全治6ヶ月の骨折休養とは、下手をすれば現役続行の危機…。

今日出走予定だったブルヴェルソンもフレグモーネで回避

さらに、悪い流れはびとう出資馬長男のブルヴェルソンにも。
今日(19日)出走予定でしたが、フレグモーネを発症して回避となってしまいました。

いやー、一口馬主ってやっぱり一筋縄ではいかないものですねぇ…。

ここからは上がっていくだけだ!(と信じたい)

あかん、なんかこの記事「…」が多すぎる(^^;

ただ、これだけ悪いことが重なったらあとは上がっていくだけでしょう!
出足は見事につまづいてしまいましたが、今年も出資馬たちの活躍で盛り上がりたいものです。

現役&過去の一口愛馬
  • カラレーション
    (2018年産・牝・キングカメハメハ×カラフルブラッサム・松下武士厩舎)

  • ローマンネイチャー
    (2019年産・牡・ディープインパクト×キューティゴールド・高野友和厩舎)

  • リンドラゴ
    (2019年産・牡・ミッキーアイル×ワイオラ・高野友和厩舎)

  • 【引退馬】
    ブルヴェルソンクレッセントムーン、プテリュクス、ハーツクリスタル


Nikon D500で撮った写真は以下のページにたくさんアップしています。
「Nikon D500で撮る」シリーズの記事一覧へ

この記事の撮影機材


AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ