一口愛馬ブルヴェルソンがJRA平成最後のレースに出走!

ブルヴェルソン6戦目パドック

令和元年が始まって今日ではや3日目。
なのにまだ平成の話をやっちゃおうという(^^;

まだ平成31年だった月曜日(4月29日)、一口愛馬のブルヴェルソンが地元・京都競馬場で出走しました。
走ったレースはこの日の最終12レースで、奇しくもこれがJRAで行われた平成最後のレースという巡り合わせの良さ。

先頭から10秒5も離された前走の衝撃の敗戦から3ヶ月。
それにめげることなく(笑)今回ももちろん応援に行ってきましたよ!

パドックの写真いろいろ

この日の京都競馬場は夕方から雨予報。
まだ降り出してはいないものの、今にも雨が落ちてきそうな薄暗い曇天の中、最終レースのパドックにブルが登場です。

写真の無断転載は控えていただくようお願いします。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/400 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/320 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/400 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

うん、相変わらずカワイイ仔だ(^^
暗くてブレやすい状況下ですが、今回は撮り慣れた京都競馬場なので、前回(中京競馬場)よりは自分の中ではまだ撮りやすい。

今回は馬体重が前走比マイナス14kgの518kg。
見た目にもスッキリしてて(特にお腹からトモ(お尻の筋肉)にかけて)歩様もそれほど硬くなく、いい感じかも。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO500 シャッター1/800 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

後ろからケツを撮る(笑
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/800 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

真正面からバッチリ撮れた!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

騎乗命令がかかってジョッキーが乗るのを待っているところ。
高野先生(左)も来てくれています。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/640 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

今回乗ってくれるのは中谷雄太ジョッキー。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

…と、ここで馬をひいているY助手がブルのメンコを取ってくれた!
まさか素顔が撮れるとは…!!俄然テンションアップ(笑
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

うぉー。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/640 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

うおぉ〜。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/400 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

うぉぉぉぉぉぉぉ!!(←心の叫び(笑))
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4
ブルヴェルソン6戦目パドック

いやー、激アツでした(^^
やっぱパドックは素顔がいいですよ、うん。
(注:1ファンの勝手な意見です(笑))

レースの結果はまたも大敗も…

そうして迎えた肝心のレースの結果は。
残念ながら、今回も2ケタ着順の14着(16頭中)に終わりました。
これでこのクラスに上がってから3走連続で2ケタ着順ということで…うーむ。

ただ、前走が先頭から10秒5も離された大差のべべだったのに対し、今回は2秒4しか離されていない。(しかもべべではない)
さらに、初めての短距離(1,400m)のレースにも関わらず、好スタートから道中は2番手を追走。
最後の直線で逆噴射(笑)したものの、前走に比べたらレース振り自体ははるかにマシ!

なので、今回はそんなに悲観はしてませんよ〜。

「この距離のペースに慣れる」というか、
最近は彼元来の怖がりの性格が出てきている気がするので、
ここ数戦みたいにガンガン前に行くのではなく、ゲートを出たなりで、末脚を活かす乗り方がいいんじゃないかと。

中谷騎手も出資会員向けのコメントではそのように言っていたので、次からはそんな乗り方に変わるかもしれませんね。
あと、ブリンカーを着けるのも一考でしょうか?
(そうなると素顔の写真が完全に撮れなくなっちゃいますが…。)

とにかく、次も応援します。
頑張れブル!!
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/640 F4
6戦目レース後のブルヴェルソン

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/640 F4
6戦目レース後のブルヴェルソン

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4
6戦目レース後のブルヴェルソン

関連記事

次走は宝塚記念当日の芝のレースとなりました。
一口愛馬が2週連続で出走【ブルヴェルソン&クレッセントムーン】

同日に出走していた高野厩舎の馬の写真

ちなみに、この日はブルが所属する高野厩舎の馬が他にも2頭出走していました。

クードメイトル

まずは3歳の女の子・クードメイトル
このブログでも登場したことのあるファンディーナの妹です。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/800 F4
クードメイトル

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/640 F4
クードメイトル

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/500 F4
クードメイトル

ここを勝てば姉の果たせなかったオークス出走!となるハズが、まさかの2着でその夢は叶わずorz

レノヴァール

そしてもう1頭はブルと同じ4歳の男馬・レノヴァール
このブログでは過去に新サンヨンのレビュー記事京信下鴨支店さんの写真展記事で地味に登場しています。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/200 F4
レノヴァール パドック

こちらはレースで見事に優勝!!
(レース写真は↓超トリミング&ブレブレです)
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm(トリミング済み) ISO400 シャッター1/320 F4
レノヴァール@烏丸S

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm(トリミング済み) ISO400 シャッター1/400 F4
レノヴァール@烏丸S

私自身平成最後の応援馬口取り撮影となりました〜。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4E PF 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/200 F4
レノヴァール@烏丸S 口取り写真

令和もたくさんの応援馬の口取り写真が撮れればいいな(^^

現役&過去の一口愛馬
  • カラレーション
    (2018年産・牝・キングカメハメハ×カラフルブラッサム・松下武士厩舎)

  • ローマンネイチャー
    (2019年産・牡・ディープインパクト×キューティゴールド・高野友和厩舎)

  • リンドラゴ
    (2019年産・牡・ミッキーアイル×ワイオラ・高野友和厩舎)

  • 【引退馬】
    ブルヴェルソンクレッセントムーン、プテリュクス、ハーツクリスタル

Nikon D500で撮った写真は以下のページにたくさんアップしています。
「Nikon D500で撮る」シリーズの記事一覧へ

この記事の撮影機材


AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ