Google AdSense ブロックのコントロールで競合他社の広告表示をブロックしよう

Google AdSenseで同業他社の広告をブロックする方法

ブログでお手軽にマネタイズが可能となる広告サービス・Google AdSense(以下「アドセンス」)。
このブログでも、この記事のように、仕事と直接関係しない記事で表示させています。

ただ、これって単に貼り付けておけばいいというものでは無いと思っています。

特に、このブログのような「自分の仕事のオフィシャルページ」で表示させている場合。
表示されるカテゴリの選別をちゃんとしておかないと、

  • 競合他社の広告が表示され、その会社の宣伝に貢献してしまう
  • いかがわしいジャンルの広告が表示され、ブログのイメージが下がる

なんてことにもなりかねません。

ビジネスブログでアドセンスを表示させるなら、
競合他社の広告が表示されないよう、表示させる広告のカテゴリ選別はしっかりとやっておきましょう。

表示させたくない競合他社のアドセンス広告をカテゴリ単位でブロックする方法

ではその選別はどうすればいいんでしょう?
アドセンスのダッシュボードには「ブロックのコントロール」というページがあって、ここで表示させる広告のカテゴリを管理できます。

[ブロックのコントロール]ページには広告表示に関するすべてのツールがまとめられており、ご自分のウェブサイトに特定の広告が表示されないようブロックすることができます。
広告主のURL、一般的な広告カテゴリ、デリケートな広告カテゴリ、広告ネットワークなどを使用して、広告を個別に確認したりブロックしたりすることができます。

引用元:ブロックの管理_ サイトに表示される広告を管理する - AdSense ヘルプ

というわけで、私の場合(職業:税理士)を例にとって、「ブロックのコントロール」で競合他社の広告表示をブロックさせる流れを紹介します。
(以下パソコンでの画面です)

ダッシュボードから「ブロックのコントロール」に入る

まずはアドセンスのダッシュボードに入って、サイドバーの「ブロックのコントロール」をクリックします。
サイドバーの「ブロックのコントロール」をクリック

すると右のフレーム画面に広告レビューセンターが表示されます(サイドバーメニューも青になっている)が、ここはそのままパスで。
展開された項目の中の「すべてのサイト」をクリックします。
(ドメイン別にこの設定をしたい場合はその下のドメイン名をクリック)
「すべてのサイト」をクリック

すると、右のフレーム画面に↓こんな設定画面が出てくるので…。
右フレームに設定画面が表示される

この中から、「一般カテゴリを管理」をクリックします。
(以下、右フレーム画面のキャプチャです)
「一般カテゴリを管理」をクリック

上の画面で「デリケートなカテゴリを管理」をクリックすれば、↓このようにデリケートなカテゴリの表示ブロックが設定できます。
デリケートなカテゴリの管理画面

見てのとおり、私はここにあるものは全部ブロックしてます(^^;

行き着いた↓ココでカテゴリ単位でブロックが設定できます!
カテゴリ単位でのブロック設定画面

この画面ではカテゴリごと広告インプレッション(表示回数)の割合収益の割合(いずれも過去30日間)が表示されているので、これを基準にブロックするカテゴリを選ぶのもアリですね。
(「このカテゴリは表示回数は多いのに収益が上がってないから表示させるの止めよー」みたいな感じで)

「一般カテゴリを管理」でブロックしたいカテゴリを探す

このページでの操作方法を画像でまとめると↓こんな感じです。
アドセンス「一般カテゴリを管理」の操作方法

表示されている全てのカテゴリからご自身がブロックしたいカテゴリを探し、ステータスの欄にあるボタン(?)をクリックすればブロックが完了します。
カテゴリ名をクリックすることでさらに小さな分類へと進むことができ、より細かい範囲での指定も可能です。

もし自分がブロックしたいカテゴリが見つからない場合は↓このように検索で探すこともできます。
私は税理士なので「税」で検索したら、「確定申告、税務」というピンポイントなカテゴリが出てきました!
キーワードを入力すると候補が表示される

これでブロックが完了です!
ボタンを押せばブロックが完了する

同じ調子で設定して頂ければ、あなたが表示させたくない広告主をカテゴリ単位でブロックすることが可能です!
ブロックしたカテゴリは↓このように、「ブロックされたカテゴリ」として「一般カテゴリを管理」画面の上部に移動します。
(競合他社界隈とあまりに収益性が低いカテゴリをブロックしています)
ブロックしたカテゴリは「一般カテゴリを管理」画面の上部に移動する

「何のためにブログを書いてるの?」なんてことにならないように

ウチはこんな感じで、ブログに表示させる広告のカテゴリはかなり絞っています。

もちろん、表示させるカテゴリを絞りすぎると、

  • 高単価の広告が表示されなかったり
  • そもそも広告自体が表示されなかったり

といった影響が出ますので、「アドセンスでバリバリ稼ぐ!」みたいなブログではやり過ぎないのがベストでしょう。

ただ、ウチのような「自分の仕事のオフィシャルページ」の場合は有効、というか、マストな設定のハズです。

びとう

税金関連の記事の中に大手税理士法人の広告が踊っている、なんて税理士ブログもよく見かけます。
広告主と提携してるんならそれでもいいと思うんですが、そうでないならねぇ…。

 
「やってなかったわー。」という方はすぐにでも設定することをオススメします!

GoogleAdSense ブロックのコントロールの使い方のまとめ

ちなみに。
私自身、特にビジネスブログにおいては、アドセンスをはじめとするマネタイズは控えめにやるべきという考えです。

たまにファーストビューが広告だらけとか記事の途中で何の脈略もなしに広告ドーーーン!みたいなビジネスブログを見かけますけど、ああいうのはどうなんでしょうね??と正直思います。
(ウチの業界の人間は特にそんなんが多くて…ホント恥ずかしい)

ブログを書いていない一般の方にとって、記事の中にある広告は基本的にウザい存在であり、それに対する抵抗心も非常に強いという認識はブログ運営者としてしっかりと持っておくべきでしょう。

そう思い、私は仕事関連の記事ではアドセンスは一切表示させていません。
また、表示箇所も最大2か所(見出し上のレスポンシブと記事下の関連コンテンツ)に絞っています。

この記事の関連記事

その後、アドセンスは完全に削除しました。
Googleアドセンスをやめた理由【ビジネスブログには不要】

「ブログの世界を全く知らない人にこそ自分のブログを読んでもらいたい」
と思っているのなら、なおさらそういう気持ちが大切だと思っているんですが、どうなんでしょうね?

…というわけで(ってどういうわけだ?)、
この記事ではアドセンスの「ブロックのコントロール」を使って競合他社の広告表示をブロックする方法を紹介してみました。
ビジネスブログでアドセンスを貼っている方の参考になれば幸いです!

▼このブログで使っています▼

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】