ラジオ配信@stand.fm(スタエフ)はじめました

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3は携帯性と堅実な写りが魅力【作例あり】

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3レビュー

新たにミラーレス機の世界に足を踏み入れることとなった自分。
愛機・Nikon Z 6IIとともに初めて買ったZレンズはNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3としました。

Z6IIのキットレンズ(NIKKOR Z 24-70mm f/4 S)ではなくあえてZ5のキットレンズを選んだ理由は?
いろいろ撮ってみてのファーストインプレッションとともにまとめます。



NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を選んだ理由

実はこのレンズ、Z6IIを買ったお店では在庫がなく、コレだけ納期が数日遅れとなりました。
Z6IIのレンズキットはもちろん在庫ありで当日持ち帰りも可能。

それなのに、というか、そこまでして(笑)あえてNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を選んだ理由とは??
ひとことで言うと、一眼レフ機からの継続性です。

AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRを愛用していたが…

私は一眼レフ機(ボディはD500)時代は以下の4つのレンズを使っていました。
(焦点距離はすべて35mm換算・リンク先はそれぞれのタグページ)

中でも使用頻度が高かったのがAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRで、
超広角〜広角をカバーする焦点距離、そしてその軽さから、「とりあえず持ってこ!」って感じで愛用していました。
過去には↓こんなレビュー記事を書いたこともあります。
関連記事AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRは旅行のお供に最適なレンズ

夕暮れ時のJR下灘駅

D500と共にお亡くなりに(泣

ところが。
そんな愛用レンズが先日突然D500と共にお亡くなりになってしまい(泣(←詳しくはリンク先にて)
強制的にミラーレス機に移行した結果、使えるレンズのラインナップも以下の2つに減りました。

AI AF Nikkor 35mm f/2DはFTZII経由ではオートフォーカスが働かないのでラインナップから除外

そこで、

  • せっかくなので1本ぐらいはZレンズが欲しいな
  • 標準域をカバーするレンズが1本欲しいな
  • しかも、AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRみたいに軽いレンズがいいな

という3点(特に3点目優先)から、行き着いたのがNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3だったんです。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを選ばなかった理由

前述のとおり、Z6IIにはNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sがキットレンズとして付いてきます。
写りが良いS-Lineレンズだし、F値もf/4通しだし、そんなレンズがお得にキットで買えるし。
もしこのレンズを将来必ず手にするのであれば、ここで買っておくのが明らかに正解です。

ただ、自分にとっては

という理由から、先々もこのレンズは買わないな、というのが明らかだったので、
あえて別売りのNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3を選びました。

びとう
むしろ迷ったのはNIKKOR Z 40mm f/2の方でしたね。
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3と焦点距離は被りますが、こっちは将来買っちゃうかもしれません。

 
レンズフードは別売りなので併せて買いました。
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

Z6IIにひっつけても1kgいかない軽さ!
これはD500+10-20mmのコンビ以上です(^^
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

全長もAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED+FTZIIとほぼ変わらないという。
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3の全長比較

この携帯性はまさにAF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRを継承するレンズですね!

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3のマウント部のアップ。
「プラマウントが安っぽい」との声も見られますが、
AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VRの「ホンモノの安っぽさ」を経験している自分には全く気にならないです(^^;
NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3

てか、Zマウントの口径サイズの広さにはビビりますね!
Fマウントと全然違うし…。そして密かに高まる期待(^^

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3作例いろいろ

以下、ここ数日で試し撮りした写真をいろいろ載せてみます。

まず撮ってみたのは手元にあるAF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED(FTZII付き)。
↓こちらは24mmで、

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO280 1/25 F4

下は50mm。

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離50mm ISO1000 1/50 F6.3

どちらもピントが合う部分はシャープ&それ以外はしっかりとボケてくれてますよね。

ミラーレス機導入を機に売却することにしたレンズ3本も記念撮影。

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮るNIKKOR Fマウントレンズ
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離50mm ISO1250 1/50 F8

左から、AI AF Nikkor 35mm f/2DTokina AT-X 124 PRO DXAI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
どれもこのブログにもたくさんの写真を提供してくれた大功労者でした…。寂しい。

びとう
でも、使わず置いとくぐらいなら彼らを欲する誰かの元に出してあげた方がいいですからね。
これまでありがとう。

錦市場〜四条烏丸にて

もちろん外でも撮ってみました。
普段なら絶対に撮らないような場所から(笑
まずは薄暗い夕方の錦市場を抜けて…

Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都錦市場
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO250 1/25 F4
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都錦市場
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/30 F4

四条通りを烏丸方面へ。

Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都四条通り
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/100 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都四条烏丸
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/25 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都四条烏丸
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO400 1/25 F8

ビルの外壁の細かな模様までしっかりと描写する解像感。
これは予想以上のキレ味です(^^

五山送り火にて

しっかり写るのは暗い場所でも変わりません。
(8/16五山送り火にて)

2022京都五山送り火
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO25600 1/8 F4
2022京都五山送り火
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離50mm ISO25600 1/5 F6.3
この日撮った五山送り火の写真は以下の記事でたくさん載せています。
3年ぶり全面点火の2022年五山送り火(大文字)を撮ってきた

京都駅ビル(京都タワー)にて

最後は京都駅ビルから、主に京都タワーを狙って撮ってみました。

びとう
以下の写真はすべてC-PLフィルター Zeta Quint(ゼータ クイント)を付けて撮っています。
(ここまで使って「このレンズとは長い付き合いになるな」と思ったので買いました(笑))
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都駅ビル
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/60 F4
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都駅ビル
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO250 1/25 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都タワー
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/200 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都タワー
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離50mm ISO100 1/400 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都駅ビル
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/25 F8
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都駅ビル
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/60 F4
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都駅ビル&京都タワー
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/500 F4
Nikon Z6IIとNIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮る京都タワー
Nikon Z6II+NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3 焦点距離24mm ISO100 1/1250 F4
びとう
写真の腕はともかく、このスペックのレンズでもこれだけしっかり写るかー??
さすが「Zレンズにハズレなし」と言われるだけありますね(^^
と同時に「もっといいレンズならさらに?」とも思いますが、まぁそれはおいおい

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3購入!のまとめ

というように、NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3は私が求める携帯性と堅実な写りを併せ持つレンズです。

ま、単焦点好きにとっては望遠端の解放F値が6.3ってのは正直引くんですが(^^;
でも、そんなカタログスペックを感じさせない写りの良さです。
(というのは見てもお分かりいただけたかと)

コレを買ったことにより、私のレンズラインナップは以下の3つになりました。

FXフォーマットでは焦点距離の被りもなく、いい感じじゃないかな、と(^^
新たな「外出のお供のレンズ」として、Z6IIと共にこれから大活躍してもらいましょう!

NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3で撮った写真は以下のタグページに順次upしていきます!
「NIKKOR Z 24-50mm f/4-6.3」記事一覧

【関連記事】



ABOUT US
尾藤 武英
京都市左京区下鴨を拠点に活動する税理士です。
出身も左京区で、2年ほど大阪に住んでいた時期を除くとずーっと京都在住。
好きなコトやモノへのこだわりが強く、そんなこだわりを写真というフィルターを通じて表現するのを楽しんでいます。
【好きなコトモノ】カメラ・写真 / Apple製品 / 競馬(厩舎応援&一口馬主) / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景
【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
相続税の申告や相続税対策、クラウド会計をお使いの個人事業主・法人様の確定申告支援を専門としています。
代表税理士が全ての業務を直接担当。元予備校講師の経験を活かしたわかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
オンラインでもお受けしていますので、お住まいの地域問わずお気軽にどうぞ!
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ