D500のオートフォーカス&連写性能はやはり秀逸!【Nikon D500レビュー】

最近税理士のブログとは思えない記事が続いていますが、今日もそんなネタです(^^;

前回の記事「D500の高感度性能はまさに触れ込みどおり!【Nikon D500レビュー】」に続いて、今日もNikon D500の超私的レビューを書いてみます。

今日のテーマは、D500の大きなウリの一つである、オートフォーカス(AF)性能と連写性能です。
これらを試すために、先週末はD500を連れてJRA京都競馬場に行ってきました!


デジイチを買ったきっかけは競馬

私は競馬が好きでよく競馬場にも行っています。
どんな楽しみ方をしているのかは以前の「とある人物に魅せられて。私が競馬にハマっている理由」という記事でも紹介していますが、例えて言うならば、野球ファンが好きな野球チームを応援しているのと同じような感覚です。

そもそも、私がデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)を買おうと思ったきっかけは
「もっと綺麗に馬の写真が撮りたいから」
でした。

競馬場で知り合った友達がデジイチで自分が応援している馬をとても綺麗に写真に納めているのを見て、
「自分も同じような写真が撮りたい!」
と思ったんです。

初めてデジイチを買った(このとき買ったのはNikon D70でした)のは2004年の秋で、それ以来、いろんなところに行って数え切れない数の馬の写真を撮ってきました。
ひとつ前に使っていたD300は2008年の秋に買ったので、約8年弱使い続けてきたことになります。

競馬場にいる馬は野鳥みたいに動きが読めない、なんてことはあまり無いですが、それでも歩いたり走ったり(時には首を振ったり(^^;)などの動きは常にありますので、AFの性能が高いほどいいのは言うまでもありません。
あと、レースの写真を撮ろうと思ったら、AF性能に加えて連写性能も高くなければいい写真を撮るのは厳しいです。

プロ機並みのスペックを誇るという触れ込みのD500は、そんな自分にとってまさにうってつけの機種なんですよね。

正直、D300の時代は
「どうせ中途半端なのしか撮れないし…」
と思っていたのでレースの写真はほとんど撮っていませんでした。

8年の間で知らず知らずのうちに自分の中に染み付いた感覚がD500によってどう壊されるのか、楽しみにしながら競馬場に向かいました。

メインレースには応援馬も出てきます

ちなみに、この日の京都競馬場のメインレースは「京都新聞杯(G2)」。
そこに、私が応援している松田国英厩舎のスマートオーディンという馬が1番人気で出走するので、それを応援しにいくのもこの日の大きな目的でした。
前回、毎日杯という重賞レースに勝って以来、1ヶ月半ぶりの出走です。

撮ってビックリ!!

競馬場に着いてさっそくD500で写真を撮ってみました。
(以下、レンズは全て↓AI AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-EDを使用して撮っています。)

 
まずはパドックでパチリ。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/800 F4 
パドックその1

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/800 F4 
パドックその2

使ってみたらやっぱりすぐにわかりますね、8年弱の間に体に染み付いた感覚との違いが!

ファインダーから見える景色の違い、軽快過ぎるシャッター音、そして、カメラのモニターを見ただけでわかる撮れた写真の写りの違い。

パドックでは馬が歩くので、動き続けている被写体を捉えることになりますが、オートフォーカスの精度もピントの追随もほぼ完璧です。

最初のものの数分でいいモノを買って良かったと満足してしまいました(^o^)

レース写真でさらに感動

でも、パドックはあくまでも前座(?)に過ぎませんでした。
一番違いを実感したのはレース写真を撮った時です。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/800 F4 
D500レース写真その1

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/800 F4 
D500レース写真その2

身構える訳でもなく、それとなーく構えて撮ってみただけでこのクオリティ!
シャッターボタンを押し続ける限り切られ続けるシャッターと、合わせたピントを捕捉し続けるオートフォーカス。

「シャッターとオートフォーカスはきっちりしてやるから、お前はちゃんと被写体を捕らえ続けろよ」
とカメラから言われているような気がしました(^^;

↓こんな連続写真もいとも簡単に撮れてしまいます。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/1250 F4 
D500レース写真その3

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/1000 F4 
D500レース写真その4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/1250 F4 
D500レース写真その5

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/1250 F4 
D500レース写真その6

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/800 F4 
D500レース写真その7

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO320 シャッター1/800 F4 
D500レース写真その8

20連写ぐらいした中での6枚です。
最初は奥の馬にピントが合っていましたが、手前の馬が追い抜いた瞬間にピントも手前の馬に合わせてくれました。
AF-Cモードで「レリーズ/フォーカス」設定で撮っています。
AFエリアモードはダイナミックAF・153点で。(3D-トラッキングは使用せず)
AFロックオンの設定は初期設定のままで変えていません。

ちなみにこれでもまだシャッターの連写モードは「CL」の方なのでMAXのスピードではありません。
「CH」にしたらさらに連写速度は上がりますので、より細かい連続写真が撮れることになりますね。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/640 F4 
D500レース写真その9

薄暗い中で撮った連続写真のうちの1枚ですが、しっかりとピントを合わせ続けてくれています。

スマートオーディンも見事に優勝!

メインレースの京都新聞杯も応援馬のスマートオーディンが見事優勝!
次走である競馬の祭典・日本ダービーに弾みのつく1勝になりました。

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4 
D500で撮ったオーディンその1

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2000 F4 
D500で撮ったオーディンその2

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/2500 F4 
D500で撮ったオーディンその3

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4 
D500で撮ったオーディン表彰式

ニューカメラが間に合って良かった(^^)

関連記事

他にも連写を試している記事、あります!
【レビュー】AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR。D500と名コンビ誕生の予感!

断然オススメです、D500!

この日は結局500枚以上写真を撮りました。
こんなに撮ったのはしばらく記憶にありません(^^;
それだけ撮っていても楽しかったですし、正直ここまで機能が進んでいるとは本当にビックリでした。

D300やその他のカメラからD500に買い替えようか迷ってこのページに辿り着いた方も多いと思いますが、迷うぐらいなら買い替えてしまうことを断然オススメします。
実売23万円台(この記事を書いた時点で)という値段も、その値段でD5に匹敵するスペックのカメラが手に入ることを考えたらむしろ安いと思える金額です。

この記事が皆さんのカメラライフをもっともっと楽しくするきっかけになってくれれば嬉しいです(^o^)

関連記事

・購入直後の超私的レビューその1。高感度性能もかなり高いです。
D500の高感度性能はまさに触れ込みどおり!【Nikon D500レビュー】

・他にも連写を試している記事、あります!
【レビュー】AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR。D500と名コンビ誕生の予感!

・その他、D500で撮った写真は以下のタグページにたくさんアップしています。(競馬の写真も多いです)
タグ「Nikon D500で撮る」

このブログの運営元:京都市左京区の「尾藤武英税理士事務所」
相続税に強く、クラウド会計に特化した京都市左京区の税理士事務所です。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所

AUTHORこのブログを書いている人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。税理士試験受験予備校の元講師。相続税法が担当科目だったことから、税理士としても相続・贈与を得意分野としています。個人・法人の経理はクラウド会計に特化&Mac対応可(自身もMacユーザー)。【好き】写真を撮る(Nikon D500) / Apple製品 / 馬 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 【詳しいプロフィールはこちら】