浮き出る光と陰のコントラスト。秋の夕暮れ時が好き

浮き出る光と陰のコントラスト。秋の夕暮れ時が好き

私が四季の中で一番好きなのは秋です。

気候的に過ごしやすいのはもちろんですが、一番の理由は「夕暮れ時の光の入り具合が好きだから」

その思いは写真を撮り始めてより強くなりました。

秋の日差しが演出する光と陰のコントラスト

↓こちらは先日、晴れた日の昼間に競馬場で撮った写真です。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1250 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO200 シャッター1/1000 F4

十分な光量があってこれはこれでいい写真なんですけど(と自画自賛(笑))、ただ、同じ日の写真でも、上みたいなのよりも↓こんな写真の方が実は好みだったりします。
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/640 F4

晩秋の今の時期は15時頃には日が傾いてきて、それが光と陰のコントラストをくっきりと浮き出させてくれます。
オレンジ色に輝く夕陽も秋独特のもので、いわば、この時期にしか味わえない「色」です。

1枚の写真の中で、光量が十分すぎるぐらいに足りている部分と足りない部分が出る。
写真を撮るには難しい(動きモノであればなおさらな)状況ですが、だからこそ、ハマった=いい写真が撮れた時の快感もまた格別です。

人が少なくなるのもgood

あと、人ごみ嫌い的には夕暮れ時は人が減るのも良いポイントですね。
↓こちらは地元左京の有名な紅葉狩りポイントの写真です。
昼間は観光客でごった返していますが、閉門時間直前に行ったら誰もいませんでした。
iPhone X 焦点距離4mm(フィルム換算28mm) シャッター1/120 F1.8

夕日に映える馬と人と

というわけで、この日競馬場で撮った、夕暮れ時の馬の写真をいくつかどうぞ!
(撮影日:2017年11月25日)

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/2000 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/1600 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/2000 F4

内にいる交わされた馬が応援馬で…グヤジイ〜〜!!これやから武豊は嫌いやねん
Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO400 シャッター1/1250 F4

Nikon D500+NIKKOR 300mm f/4D 焦点距離300mm ISO800 シャッター1/500 F4

↑光がまったく無いけど、薄暗い中うまく撮れたので載せてみた(^^

いよいよ今年も12月に入り、そんな大好きな季節も終わりを迎えようとしています。
ここからは寒さとの戦いですね。(京都は底冷えが凄いんです…。)

Nikon D500で撮った写真は以下のページにたくさんアップしています。
「Nikon D500で撮る」シリーズの記事一覧へ

この記事の撮影機材


AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ