Nikonでキャッシュバックキャンペーンがスタートしたので今欲しいレンズをぶっちゃけてみる

8cacff0db157d2d0a8437f8d5c0c0ff8-2-1

我が愛機「D500」のメーカー、Nikonさんが昨日からとあるキャンペーンを始めました。
その名も、「I AM 100 MILLION キャッシュバックキャンペーン」

対象となるNikon製レンズを期間内に購入すれば、最大20,000円のキャッシュバックが受けられるというキャンペーンです。
期間は2016年10月19日(水)〜2017年1月16日(月)まで。

「みなさまに愛されて、NIKKORレンズ累計生産本数1億本達成。感謝を込めて最大20,000円をキャッシュバック!!」(by Nikon)

だそうです!
(注:「NIKKOR」(ニッコール)というのは、Nikon製のレンズのブランド名のことです。)

いかにも「冬のボーナスシーズンを狙って始めてみました」みたいなキャンペーンですが、
ただ、私みたいなボーナスとは無縁の男であってもこのキャンペーンはおおいに気になります(^^;

こんなん見せられたらまた「レンズ欲しい病」が出てくるやないかい〜!

というわけで。
今日は私が今現在欲しいと思っているNIKKORレンズを2つ紹介してみます。

決して
「これが欲しいから買うぞ!」
と宣言する記事ではなく、
「買いたいけどこんなにするんだよね〜(だから我慢しよう)
と自分に言い聞かせるための記事ですので、そこのところはお間違えの無いように(^^;

今使っているレンズは3本です

今私は以下の3本のレンズを使っています。

※リンク先は当ブログ内のタグページです。(作例などが見れます)

「AI AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED」は趣味の競馬の写真を撮るために使っている望遠レンズです。
それ以外の2つは風景用ですね。
一番最後の「Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4」は今は廃盤ですが、焦点距離が12mm(フィルム換算で18mm)からと広角に撮れるのが魅力のレンズです。

これら3本を持っていることを踏まえて、今私が欲しいレンズは以下の2つです。

欲しいものその1:20mm〜24mmの明るい単焦点レンズ

一つ目は、焦点距離が短くて明るい単焦点レンズです。
具体的には↓この辺あたり。

焦点距離が20mm〜24mm(フィルム換算で30mm〜36mm)、解放F値が2を切るようなレンズです。
24mmにはもっと明るいF1.4のレンズもありますが、デカいし重いし高いのでそれはさすがに却下で(^^;

先日、伏見稲荷で撮っていた時も改めて感じたんですが、やっぱり明るいレンズは魅力です。
参考記事朱色が鮮やか!伏見稲荷大社の鳥居たち

明るいレンズだと、
「ピントが合っている部分はパリッと写って、でもそれ以外の部分はキレイにボケて」
という「メリハリ」も出しやすいですし、私自身もそうした写真が好みですから。

イメージとしては、↓こうした写真をもっと広角で撮りたいんですよね。
Nikon D500+NIKKOR 35mm f/2D 焦点距離35mm ISO1250 シャッター1/10 F2 
千本鳥居の中

今使っているレンズの中で20mm〜24mmという焦点距離をカバーするのは「Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4」で、
これもとても良く写るレンズではあるんですが、でも、解放F値が4なので、その点での面白味があまり無いのが欠点です。

D500の画角は↓この写真の2/3のサイズですが、こんな広角マクロ的な写真が撮れるかもしれないなんて最高ですよね。
(出典元:AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED - 撮影サンプル | Nikonイメージング
pic_01_l

Amazonでの実売価格は「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」が約85,000円。

「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」が約75,000円。

それぞれ、キャンペーンでのキャッシュバック金額は20mmなら10,000円、24mmなら5,000円です。
ということは、実質負担額は20mmが約75,000円で、24mmが約70,000円。

たった5,000円の差しか無いですし、できれば1本で今持っている12mm〜24mmレンズの代わりになるものを、と考えているので、今買うなら気持ちは20mmの方が優勢です。

って、この記事はそういう記事じゃ無いんですってば!(笑

【2016.11追記】
案の定というか、その後すぐに「20mm f/1.8G ED」を買ってしまいました。
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED購入!開封の儀&第一印象レポ

欲しいものその2:新しいサンヨン

あと、もう1つ欲しいのは競馬用の新しいレンズです。
狙っているのは、今使っているレンズと同じ焦点距離(300mm)、同じ解放F値(F4)で最新バージョンの「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」。

今使っている「AI AF-S NIKKOR 300mm f/4D IF-ED」と比べると、

  • 手ぶれ補正機構が付いている
  • 重さが1,300gから755gと約半分(!!)に
  • 全長も222.5mmから147.5mmへと小型化されている

と、大幅に機能が改良されています。
機能性がアップしているのに、重さも大きさも従来のレンズよりも改善されているという脅威の性能!
中でも特に強調したいのは重さですよ、奥さん!
1キロを切ったどころか、約半分にまで軽量化されているとは!

競馬場に写真を撮りに行くときも、撮っている最中は気にならないんですが、行き帰りの持ち運びのときなんかはレンズの重さがズッシリ来ますから。
いつも「重いなー」と思いながら持ち運びしているあのしんどさが少しでも解消されるとすれば、それだけでも買う価値アリ!
そら欲しくなりますって(^^;

ただ、それだけの高性能レンズですからお値段はやはり高くて、Amazonでの実売価格は約20万円…。

それでも、キャンペーンでのキャッシュバック金額は20,000円なので、実質負担額は約18万円になります。
今のレンズは14万円弱で買ったので、そう考えるとあながち高価とも思えませんが…って、いやいや、騙されるなっ!!

【2018.5追記】
こちらもその後購入できました!
ニコン新型サンヨン(AF-S 300mm f/4E PF ED)ついに購入!

結局物欲に火をつけただけ?

以上、今日は今私が欲しいと思っているNIKKORレンズを2つ紹介してみました。

「ね?高くて買えないでしょ?だから我慢しようね!」
と自分に言い聞かせて、Nikonの強烈な売り込みにも負けない鉄のハートを作るつもりで書き出したこの記事ですが、記事を書き終えた今は案の定、逆に物欲が増しているような気がします。
(そういやD500もこんな流れで買ってしまったっけ…。)

これらが何の迷いもなく買えるようにお仕事頑張らないと(^^;



AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ