ギリギリ見頃です。京都大原・三千院の紫陽花(2016.7.12訪問)

京都大原三千院の紫陽花

昨日、京都市左京区大原にある三千院へ紫陽花(あじさい)を撮りに行ってきました。
時期的に少し遅いかなぁ、と思っていたんですが、まだ結構咲いていましたよ。
どんな様子なのかを写真で紹介します。

京都市の北東にある寺院です

三千院は京都市の北の端・大原というところにあります。
全国的にも有名な寺院ですが、境内には「紫陽花苑」という場所があって、この時期は紫陽花を見に多くの観光客が訪れます。

大原はバスしか通っていない場所ですので、公共交通機関で行こうと思えば

・京都駅、四条河原町、出町柳駅から京都バス17号系統に乗って終点「大原」下車。
・市営地下鉄国際会館駅から京都バス19号系統に乗って「大原」下車。

のいずれかのルートで大原まで来て、バス停から10分ほど歩けば三千院の参道に到着です。

平日+雨模様の天気なので人は少なめです。
(この写真では晴れていますが、晴れていたのはこのときだけでした。)
参道のお店

入口の御殿門です。
御殿門

本殿から見た往生極楽院。よく見る絵なのでついつい撮ってしまいます(^^;
往生極楽院

こうして見ると緑が鮮やかで涼しげなんですが、実際はメチャクチャ蒸し暑かったです…。
裏から見た往生極楽院

かわいいわらべ地蔵。
これ、相当トリミング(画像の一部だけをくり抜いている)してます。
わらべ地蔵

「紫陽花苑」へ。いろいろ撮ってみました

庭園の中を歩いていると、「紫陽花苑」が現れました。
たっくさんの紫陽花が咲き誇っています。
植えられている紫陽花は数千株にも及ぶとか。

ここから途中までは全て「Tokina AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4」というレンズで撮っています。
広角の画像が撮れて、しかもそこそこ寄れる良レンズです。(現在は廃盤)

あじさい苑 紫陽花苑 紫陽花 紫陽花 紫陽花

ここでレンズを「AI AF NIKKOR 35mm f/2D」に交換しました。
こちらは上のレンズより焦点距離は長くなるものの、解放F値が2.0ととても明るいので背景がよくボケてくれます。
あと、上のレンズ以上に寄れるのも魅力ですね。

色が綺麗だと思って撮ったんですが、奥の紫陽花が枯れているのが残念。
紫陽花

紫陽花 紫陽花

ここまで寄れます。
花びらが雨に濡れてよりみずみずしい感じに。
紫陽花

未央柳(びょうやなぎ)という花も満開になっていました。
こちらも雨粒がいいアクセントになっていますね。
ビョウヤナギ

ギリギリ見頃、ぐらいでした

DSC_2354

ご覧のとおりの状況で、なんとかギリギリ見頃かなぁ、という感じでした。
枯れている花も多かったので、おそらく見頃は今週いっぱいぐらいでしょうね。
これから観に行かれるという方はお急ぎ下さい!

久しぶりにいっぱいシャッターを切ってもらってD500も楽しそうでした(^_^)v

この記事の撮影機材


AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区下鴨で開業している税理士です。 過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。 税理士には珍しいMacユーザーで、事業者様の経理や申告はクラウド会計ソフトに特化しています。 ホームページを触るのが好きで、このブログと事務所のホームページは全て自作で運営中です。 【好きなコトモノ】写真・カメラ(Nikon D500) / Apple製品 / 競走馬応援 / DEEN / イチロー / 地元京都の四季の風景 / Ingress(RES) 【詳しいプロフィールはこちら】
【運営している税理士事務所について】
代表税理士が全ての業務を直接担当。
わかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所ホームページ
京都の税理士・尾藤武英税理士事務所

【税金以外の提供サービス】
セミナー研修講師・執筆
ブログ運営など、単発のご相談もお受けしています
 
このブログへのご意見ご感想、セミナー開催要望はお問い合わせページよりどうぞ